Amazonプライムまとめ 料金・メリット・デメリット・無料体験・必須アイテムを10年以上のAmazonヘビーユーザーが本気で解説する。

スポンサーリンク

こんにちは。2007年からAmazonヘビーユーザーのゆうげん(@1funkiduki)です!

最近コマーシャルでも見慣れたAmazonプライム会員。あなたはもう入ってますか?

あまりにメリットが多すぎて、もう入らない理由が見当たりません。

でも、まだまだ入ってない人も多いんですよね。。。というのも、正確にすべてのメリットを知らない人ばかりだからなんです。

ゆうげん
今回はそんなあなたのためにAmazonプライムの全てをお伝えします!

知らないで会員料金を支払ってる人も多いので、知り合いや家族に教えてあげるととても喜ばれますよ。

この記事を読めば、あなたもAmazonプライムをより活用でき、身近な人にもAmazonプライムの良さを伝えまくれる宣教師となれるでしょう!

具体的には

  • 料金
  • メリット
  • デメリット
  • 無料体験とその解約方法
  • Amazonプライムがもっと楽しく便利になるアイテム

をまとめます。

Amazonプライムとは

まず、Amazonプライムとは?Amazonの打ち出した会員制のサービスです。日本では2007年から始まりました。

月にすると400円くらいの定額を払って、配送料無料やら色んな特典を受け取ることが出来ます。

実は日本のAmazonプライム会員はまだまだ少ない

Amazonプライムの会員数は推定で全世界で1億人を超えています。スゴ!!

アメリカが一番多くて、8500万人です。大体30パーセントのアメリカ人が加入してるんですね。

日本では、諸説ありますが、200〜300万人いるとされています。人口の2〜3パーセントの日本人が加入してるんです。

こう見ると、日本のAmazonプライム会員はアメリカに比べて全然少ないんですね!

てことはもっと会員数を伸ばすために、Amazonプライムのメリットは増えるはず!?という気がしてきます。

Amazonプライムの料金プラン

Amazonプライムの料金には、現在2つのプランがあります。(2017年6月に月額プランが増えました)

どちらも税込ですよ!よほどの理由がなければ、年額プランに入っておけば間違いないでしょう。

 月額(税込)年額(税込)
年額プラン325円3,900円
月額プラン400円4,800円

月額プランだとしても、年間4,800円。お安いですね。

実はアメリカではもっと高いんです。年間にすると14,000円近くです日本の3倍!

会員数も少ないからなのか、日本の流通コストが安いからなのか・・・とにかく、

ゆうげん
日本のAmazonプライムはめっちゃ安いんだね!

ということが分かります。

学生ならもっとお得な「Prime Student」

学生のあなたは無茶苦茶ラッキーです。

月額200(年額1,900円プランも)からでプライム会員特典がもらえる「Prime Student」に加入出来ます。

通常のプライム会員との違いとしては、本を買うと10%ポイント還元になったりします。ほんと今の学生むっちゃ羨ましい・・・

さらに大人なら1ヶ月しか無料体験できないのに、Prime Studentの無料体験期間は6ヶ月ですよ!これはやっとくしかありませんね。

Amazonプライムのメリット

さぁここからが面白いところです。

Amazonプライムのメリットをまとめます。

多すぎて分かりづらいので、以下カテゴリに分けます。

  1. 割引系のメリット
  2. 娯楽系のメリット
  3. 新サービスが追加されるメリット

ボクの体験談も含めて紹介していきます。

割引系のメリット

配送料が無料になる

まずは最もオーソドックスなメリット。

Amazonで買った金額合計が2,000円以下だと、400円の配送料が無料となります。

Amazonって色んなものをチョコチョコ買うのが多いので、2,000円以上のものを買うことってあんまり無いんですよね。

年間10回以上Amazonで買い物したら、余裕で元が取れてしまいます。

月1回以上はAmazonで買い物する人はこれだけでもAmazonプライム入る価値がありますね。

お急ぎ便、日時指定便360円が無料

注文してすぐに欲しいよぉ・・・!とかこの日じゃないと受け取れないよ、という人のためのお急ぎ便、日時指定便。

通常360円かかる(当日お急ぎ便だと514円)のがAmazonプライム会員だと無料になります。

※全部が無料ではなく、「Prime」と書いてある商品が対象です

宅配業者さん泣かせのサービスではありますが、ユーザーとしては嬉しいですよね!

ゆうげん
「お急ぎ便」は業者さんが忙しすぎてスルーされたりすることも多いけど、「日時指定便」は割と正確に届けてくれるからオススメですよ!

タイムセールが30分早く参加できる

Amazonでは毎日開催される、タイムセール。数量・時間限定で特定の商品が普段よりも安くなるセールです。

人気のものはすぐに売り切れてしまうので、いち早く参加・購入注文したいもの。

Amazonプライム会員だと、このタイムセールに普通の会員よりも30分早く参加・注文できるんですね。

タイムセール以外にも、「サイバーマンデー」という一大セールなどAmazonプライム会員が早く参加できるor内容を教えてもらえるセールがたくさんあります。

結果としてお得になりますから、これもAmazonプライム会員になる大きな理由の一つといえるでしょう!!

ボクの愛用のBOSEヘッドフォンも、タイムセールで良く安くなります。大人気なのでプライム会員になっておくと注文しやすくなりますよ。

【レビュー】BOSEの高級ヘッドフォン「SoundTrue around-ear headphones II」を買ったよ!前の安いヘッドフォンと比較しました。

2015.11.15

KindleなどのAmazonデバイスが4000円安くなる

Amazonプライム会員になると、電子書籍リーダー端末の「Kindle(キンドル)」や、Androidが動く格安タブレット「Fireタブレット」などが安くなります。

4,000円引きになるので、プライム会員になってKindle買うだけで、ほぼ1年分の料金が実質浮いちゃう計算になります!

Kindleには7,980円から29,980円まで5種類のモデルがありますが、コスト的にも機能的にも一般的な使い方で一番オススメするのはKindle Paperwhite。レビュー記事はこちら

関連記事:Kindle paperwhite の最も大きなメリット:快適に並行読書ができる事!

無料期間中にも同じ値引きが適用されるので、「プライム会員にはならなくてもいいから、安く買いたい!」という人は無料体験期間中に買うのも良いでしょう。

他のメリットにつられて、いつの間にか継続・・・・ということになりそうです。

Amazonギフト券購入のポイントが増える

Amazonの全商品に使えるAmazonギフト券も、プライム会員なら更にお得になります。

通常会員でもギフト券の購入額の0.5%〜2.0%のAmazonポイントがもらえますが、プライム会員だとさらに0.5 パーセント増えるんです!

詳しくはむちゃくちゃお得なAmazonギフト券のキャンペーンの記事を参考にしてくださいね。

初回購入なら1000ポイントももらえちゃうので、絶対に1回は買っておくべきです。

Amazonギフト券5000円以上の購入で1000円分以上のポイントが貰える!神キャンペーンを紹介します

2018.04.07

【Amazonファミリー】小さいこども向け商品が安くなる

Amazonプライム会員のあなたに、お子さんがいるのであれば、Amazonファミリーに入ると良いです。

Amazonファミリーの会費は無料で、オムツとお尻拭きが定期おトク便でさらに15%安くなります。

娯楽系のメリット

【Prime Video(プライムビデオ)】TV番組・映画がどこでも見放題

CMでもおなじみのAmazon Prime Video(プライムビデオ)。

PCやスマホ・タブレットで、3~4万本のTV番組・映画が見放題になります。

さらにAmazonで5000円で買えちゃう、Fire TV Stickを使うと簡単に自宅のテレビでも映し出せます。

「あ~今日のテレビは何も面白いのやってないなぁ・・・」というときは、いつもFire TV Stickでお気に入りの動画を見ることが出来て助かります。

Fire TV Stickを買わなくても、テレビで見る方法はたくさんあるので、下記記事を参考ください。

関連記事:AmazonプライムビデオをFireTVStick買わずにTVで見る方法まとめ

普通はYoutubeのように通信しながら見ますが、外出先でも見たい場合は、予めダウンロードしておくと、通信せずに見ることが出来て便利です(15~25本までダウンロード可能

ボクも通勤時間に良く見ています。

また、他では見られない、Amazon独自のコンテンツが多いのも特徴。

坂上忍がただ世界中で夜遊びをしまくったり、芸人の身内にオレオレ詐欺をしかけてみるなど、規制が厳しい地上波ではありえないスタイルのバラエティもあり、面白いです。

以下、ボクのおすすめコンテンツをざらっと紹介します。もちろん、全部無料で見放題です。こんなのも見れるんだ!という参考になれば。

▼まずテレビ番組。深夜食堂が好き。

▼映画コンテンツ。最近だと、「しあわせのかおり」がほんわかしてよかった。

▼特定ジャンルのチャンネルが見放題になる「Prime Videoチャンネル」が追加されました

Amazon Prime Videoチャンネルの料金、番組一覧、無料体験申込み/解約方法まとめ

2018.06.19

【Prime Music(プライムミュージック)】100万曲が聴き放題

Amazonプライム会員になると、100万曲以上の邦楽・洋楽問わず様々なジャンルの音楽がPC、スマホ、タブレットで聴き放題です。それがこのPrime Music(プライムミュージック)。

一部の有名アーティストの曲は入っておらず、買うしかありませんが、BGMとして使うには最適です。B’zとかあったら最高なんだけどなぁ。。。

テーマごとにプレイリストもかなり充実しており、場所や場面・気分などで色々と流せるのがとってもお得な感じ。参考までにボクの使ってるプレイリストを載せておきます。

  • カフェ・ジャズ
  • 目覚めにぴったりのクラシック(弦楽集)
  • カフェ・クラシック(バロック集)
  • 大事な仕事の前に聴きたい格闘技ソングス
  • 朝に聴く爽やかなフュージョン

かなり細かくジャンル分けされてるのが分かりますよね!!

「クラシックだけを24時間聴きたい」という人はプライムラジオも使えます。ジャンル別にPrime Musicの曲からランダムでずっと再生してくれます。しかも聴けば聴くほど自分好みの曲が再生されるように、調整してくれるんです!賢い!!

聴き放題のおかげで、今まで聞いたことのなかったジャンルにチャレンジできるのも嬉しい。Prime Musicのおかげで、クラシックやバロック音楽を良く聴くようになりました。

このPrime MusicはPrime Video同様、ダウンロードも出来て外出先でも使えます。

また、会話できるスマートスピーカーのAmazon Echoでも連携してPrime Musicからオススメの楽曲を流してくれます。

「アレクサ、クラシックを流して」「アレクサ、バロック音楽」で自動的に探して曲を流してくれます。

「次の曲へ」「ストップ」で再生操作も自由自在。「今の曲は何てタイトル?」で曲名も教えてくれます

ラジオを流すスキル「radiko」ではTokyo FMやNHK FMを流せます。

自然音を流すスキルも充実してます。音楽でなく作業タイムには良いですね。

関連記事:Amazon Echo(アマゾン エコー)レビュー。1万円で手に入る未来?!

100万曲以上が聴き放題のプライムミュージックですが、「こんなんじゃ全然物足りねぇ!!もっと色々聴きてぇ!」人は、楽曲数が4000万曲にもなるAmazon Music Unlimitedもオススメ。

通常、月額980円のサービスですが、Amazonプライム会員だと780円に安くなります。(Echoでのみ使うなら、月額380円になります)

【Prime Reading(プライムリーディング)】本・雑誌が読み放題

Amazonプライム会員でも意外と知られていないのがこのプライムリーディング。PC、スマホ・タブレットで1000冊近くある対象の本が、読み放題のサービスです。

個人的には、自己啓発系の本が読み放題なのがありがたいです。自己啓発界では超絶ベストセラー、「思考は現実化する」が無料で読めちゃうのも驚き。

紙で買ったら、2000円超えで凶器かと思うほど分厚いのに、電子書籍でお手軽に読めて無料とは・・・良い時代になったもんです。

このプライムリーディング、ちょくちょく入れ替えが行われますから、ブックマークして時々チェックするといいですね!驚きの本が無料で読めるようになるかもしれませんよ!

もっと多くの本を読み放題にしたい場合は、12万冊もの本が読み放題になる「Kindle Unlimited」に入会する必要があります。

Kindle Unlimitedのメリットと気になるところ、読むべき本たちを紹介するよ。

2016.08.07

Amazonプライム会員なら、対象の本がすべて読み放題です。

読み放題に登録できるのは10冊までという制限はありますが、読み終わった本は利用停止すれば、また新しい本を読むことが出来ますので、実質無制限に読むことが出来ます。

【プライムフォト】写真を無限に保存し放題

写真データを何枚でもオンラインに保存できるサービスです。一度保存してしまえば、どこからでも、どの端末でも写真を表示することが出来ます。

同じサービスとしては、GoogleフォトやiCloudフォトライブラリーなんかがあります。

保存できるデータ容量は通常5GBですが、プライム会員であれば無制限!になります。

他のサービスと比べると解像度や画像の品質を落とさずに無制限に保存できる!というのが強みです。

とはいえ、今の時代は無料でもほぼ無制限に保存できるサービスはありますし、自分で保管したい場合はNAS導入すれば、無制限で保存できちゃいます。

プライムフォトだけを目当てにAmazonプライム会員になる人は少ないでしょうね。

【Kindleオーナーズライブラリ】Kindle本が無料で毎月1冊読める

電子書籍用のKindle端末を持っているAmazonプライム会員は、毎月1冊対象の本が無料で読めることが出来ます。それが「Kindleオーナーライブラリー」です。

この特典はKindleタブレット、Fireタブレットを使っている人だけなので、スマホやタブレットでは読めません。

関連記事:【悲報】Amazonプライムの注意点!全てのAmazonプライム登録者が月1冊無料Kindle本を読めるわけでは無かった。。。

1000冊が読み放題のプライムリーディングと比べて、600冊あまりのKindleオーナーライブラリーの有り難みは少ないですが、無いよりはマシ。たまに使う程度です。

【Twitchプライム】ゲーム動画配信サービスがより楽しくなる

Twitchというのは、Amazonが提供するゲームに特化したライブ動画配信サービス。

プロゲーマーや一般ゲーマー、任天堂などのメーカーがゲームに関する動画配信を行っています。

Amazonプライム会員は、このTwitchがより便利に使えるんですね。

広告CMがカットされたり、毎月ゲーム本体や、各種アドオン、キャラクターや装備なんかが貰えます。

新サービスが追加されるメリット

【Amazonパントリー】Amazon流の詰め放題サービス

食料品、調味料、飲み物や日用品・化粧品やら、毎日必ず使うものって結構あるんですよね。いちいち近くのスーパーで買って持ってくるのも手間です。

こんなときに役立つのが、1つのダンボール(1箱290円)に入る量を選んで、お安く買うことができるのがAmazonパントリー。これもAmazonプライム会員が使えるサービスです。

トータルでかかるのは箱の料金290円 + 箱に入れた商品料金の合計です。

いわゆる「詰め放題」的なサービスですね。

安く頼めて、しかも通販ですから楽ちんです。

すべての日用品が安いわけではなく、スーパーのほうが安い場合もあるようですが、

  • 買いに行く
  • 商品を探す
  • レジに並ぶ・待つ
  • 梱包する
  • 家まで運んで帰る

という時間と労力を削減できる!と思えばむちゃくちゃお得じゃないですか?

加えて、対象商品を入れたら○○円オフ!などのキャンペーンや、クーポンを使った割引もよく行われてるので、賢く使えばよりオトクなサービスになるでしょうね!

ボクは現在妻と二人家族のため、特に使っていませんが、書いてたら使わなきゃ損な気がしてきたので、これから使いたいと思っています!

【プライムナウ】1時間以内で届く超速配達サービス(地域限定)

Amazonで注文した商品が、なんと1時間以内に届くのがプライムナウ。これもAmazonプライム会員限定のサービスです。

対象地域は今のところ東京都内メインのほか、神奈川県・千葉県・大阪府・兵庫県の一部となっています。

ボクの地域は対象外です。残念。

【Amazonフレッシュ】深夜まで届く新鮮な食べ物たち(地域限定)

Amazonフレッシュは、「新鮮=フレッシュ」だと嬉しい野菜や果物といった約2万点以上の食料品、朝8時〜深夜0時まで受取指定ができるサービスです。

温度管理された状態で届くので、家にいたまま新鮮なものが食べられるんですね。

AmazonフレッシュはAmazonプライム会員限定のサービスですが、30日間無料体験でき、その後は月額500円かかるサービスです。Amazonプライム会員なら無料、というサービスではないんですね。

「多少高くてもいいから、新鮮で美味しいものが食べたい!」というこだわりが強いサービスの印象です。

サービスページを見ると、やたら美味そうなものが並んでいますが、今は以下の地域でしか配送できません。これから広がる予定ですが、まだまだ一般的には使えないサービスです。

  • 東京都港区
  • 東京都千代田区
  • 東京都中央区
  • 東京都江東区
  • 東京都墨田区
  • 東京都江戸川区

▼現在の対応状況を確認するなら下のボタンをクリック!対象でない場合、「フレッシュのサービス対象外の住所です。」と表示されます。

【Amazonダッシュボタン】「ボタン ポチッ」で注文・配送

Amazonダッシュボタンを購入できるようになります。

Amazonダッシュボタンっていうのは、手のひらサイズのスイッチで、「ボタンをポチっと押すだけ」で登録した商品の購入・発送処理が出来てしまう超お手軽装置です。

現在100以上のブランド商品が登録されており、追加したいもののダッシュボタンを実質無料(初めての注文時にダッシュボタンの価格500円がひかれる)で購入することができます。

飲料、食料品のほか、シャンプーや紙おむつなんかもあります。

個人的には以下のものが使える感じ。

  • 電動歯ブラシの替えブラシ
  • マウスウォッシュ
  • ドルチェグストカプセル

プライムデーのときには100円で買えるけど、500円の値引きは変わらずなので、400円お得になる、という噂もあります。

Amazonプライムのデメリット

ここでは見方を変えて、Amazonプライムのデメリットを書いていきます。

商品をついつい買いすぎてしまう

Amazonプライム会員になると、配送料無料で、しかも注文から翌日には届いてしまうので、ついつい色んなものを買いすぎてしまいます。

プライム会員限定のタイムセールもありますし。

いくらAmazonプライムが安くてお得だと言ってもこのような誘惑に負けてしまっては、お金も貯まりません。まんまとAmazonの思うツボです。

「Amazonプライムになったせいで、ウチはこんなに貧乏・・・」という人が出てくるかもしれません。

ダメ!Amazonプライム会員!

Amazonプライムビデオでダメ人間になる

Amazonプライム会員になると、Amazonプライムビデオで無数の面白動画が見放題になります。

気をぬくと、ずーっと動画見てしまいます。

勉強も出来ません。仕事も出来ません。食事も出来ません。

気を抜くと人間らしい生活が出来なくなってしまいますよ。

ダメ!Amazonプライム会員!

Amazonプライム 30日間無料体験と解約方法

ここまでオトクといっても、やはり

「本当に使うのかな?」と心配になる人もいますよね。

そんなアナタにもAmazonは優しいです。Amazonプライムは30日間の無料体験が出来ます。

無料体験とはいっても、これまで説明してきたAmazonプライムのメリットは全部受け取れますから、ぜひお試ししてみると良いでしょう。

例えばKindleを無料期間中に変えば、4,000円安く手に入っちゃいますしね!入らないだけ損でしょう。

30日間すぎると自動延長で有料会員になってしまうので、30日経つ前に解約することができます。

解約の手順は下記でかんたんです。早めに解約しても30日間はフルで使えるので、親切です。

  1. Amazonポータル画面から、「Amazonプライム会員登録をキャンセル」
  2. 「Amazonプライム会員情報を変更する」
  3. 「会員資格を終了する」
  4. 「20XX/XX/XXに終了する」をクリック

無料体験は以下のボタンからどうぞ。

Amazonプライムに入るなら持つべきアイテム

こんなに素晴らしいAmazonプライム。もっと楽しく便利になるおススメアイテムをまとめます。

Amazonプライムに入ってると安くなるものもありますし、買っておかないと損するレベルと言っても良いです!

【Fire TV Stick】プライムビデオがより楽しく

プライムビデオはパソコンやタブレットでも十分楽しめますが、Fire TV Stickがあるともっと楽しめます。

お茶の間のテレビで家族や恋人、友達と楽しめるからです。

また、簡単に持っていけるので、出張先や旅行先でも大活躍!

下の記事で試したレポートを書いています。

関連記事:Fire TV Stickを買ってみた!やっぱり快適だった!

【Kindle Paperwhite】読み放題環境を最大限に利用

Amazonが出す電子書籍用のデバイス、Kindleを持っていると、さらに毎月無料で読める本が一冊増えます。

読みやすさ順に高いモデルから安いモデルがありますが、ボクがコスパ的に1番おススメするのはKindle Paperwhite

ちょっとモッサリ動作が気になりますが、普通の本と同じ綺麗さで電子書籍が読めます。気軽に持ち歩けて数千冊が入っちゃうので、おススメ!

下の記事でiPad miniと比較紹介してます。

関連記事:【比較】iPadmini2からKindle Paperwhiteを使い始めて1週間たって実感した、悪かったことと良いこと

【Amazonマスターカード】実質480円でAmazonプライム会員になれてポイントもゲット

Amazonでの買い物に使うと、Amazonポイントが自動的に貯まるAmazonマスターカード。

クラシックとゴールド2つのカードがありますが、プライム会員になるなら、間違いなくゴールドを使うべきです。

すべてのAmazonでの買い物に2.5%のAmazonポイントが貯まるんですからね。。。

唯一のネックはゴールドの年会費。10,800かかっちゃうんですが、↓のようなことを考えると、480でつかえちゃいます。

  • ゴールドカードにはプライム会員の分も入ってるのでプライム会員の年会費3,900円が浮く
  • カードご利用代金WEB明細書サービスの利用で1,080円割引
  • マイ・ペイすリボを使うことで年会費が5,400円割引(1回目の支払いで全額払うことも可能なので、一括払いと同じくすることが可能)

ということで、実際は合計で10,380円(3,900+1,080+5,400)が浮いちゃうんです。

つまりAmazonマスターカードゴールドは、実質480円で使えるってこと。

Amazon以外の買い物でも1%は貯まりますから、全国の空港ラウンジも無料で使えます。

無料で電子マネー「iD」の機能も追加できたり、年会費540円(初年度無料)でETCカードにも出来たりで、何かと使い勝手の良いカードです。

まとめ

ということで、「Amazonプライムのまとめ」をお送りしました。

正直、ひとつひとつのメリットは「超スゲェ!!」というわけではありません。正直ね。

でも、月400円弱で良いサービスが沢山使える、いう意味でAmazonプライムは入る価値があります。

「こんなメリットもあったんだ!」と気づけたり、教えて喜んでもらえれば嬉しいです。

この記事のシェアお願いします↓

ABOUTこの記事をかいた人

移住した30代のサラリーマンブロガー。SE/投資家/ドラマー/つけ麺好きです。毎日の気付き/投資/IT情報/お金・時間的に得する情報をお届けします。 ブログは毎月5万人くらい来ます。田舎住まいだけど虫が弱点。あとレバーが食べられない。