【Windows】サルでも分かるインターネットに繋がらない問題の解決手順。

こんにちは。ブロガー、投資家の傍ら、ネットワークエンジニアもやってる、ゆうげん(@1funkiduki)です!

今では自宅にインターネットが来ていることは当たり前になりました。

PCやスマホはもちろんのこと、最近ではテレビや家電、時計までもがインターネットに繋がっています。

ということで、「あれ?インターネットつながらないよ?!」という問題が起きると、最近はとても困っちゃいます。

解決しようと思っても、「ルータ?アクセスポイント?IPアドレス?・・・」こんな用語だけでも、あまり知識のない方には難しいですよね。

ぶっちゃけSEの中でも、正確にこのあたりの用語が理解できてる人って実は少ないんです。

ちょっと何言ってるかわかんない

ゆうげん
今日はそんな貴方に、むっちゃ簡単に分かりやすく解決できる手順をお教えします!

理解してしまえば、すっごい簡単なんですけど、素人からはパッと見「天才ハッカー」のように見えるはずです。

困っている彼女、嫁、子供の前で、これを披露すれば「すご~~い!!」惚れ直されること間違いなしです。 それでは行ってみましょう。

てっとり早く解決したい人は?

突然つながらなくなったのであれば、一番最初にやるべきはPCがつながっているルータ・無線ルータの「再起動(電源オフ→オン)」でしょう。

実際、家で起こる問題の大半はこれで治ります。それでダメだったら、下の記事を読んで試してみてくださいね。

想定ケース〜例えばこんなときに役立ちます〜

注:自分が主人公になったつもりで、読んでください

今日も充実した仕事を終えて、愛しの彼女が待つ家に帰ってきた貴方。

いつもは明るい笑顔で迎えてくれる彼女の顔が、今日は曇っています。

貴方:「んんん?元気ないね・・・どうしたんだい?」

彼女:「うん・・・なんかね、良く分からないんだけどパソコンでインターネットが繋がらなくなっちゃったの・・・

おとなしい彼女は、家でブログを見たり書くのが一番好きなんです。

そんな彼女から、今、大好きな時間が奪われている・・・

貴方:「この野郎(PC)・・・ゆるせねぇ・・・!!」

貴方は悲しみに打ちひしがれる彼女を横目に、PC(Windows)の前に座りました。。。。

インターネットに繋がらない問題の解決手順

コマンドプロンプトを開く

まず、ネットワークの状況を確認してみるために、コマンドプロンプトを開きましょう。

画面左下「スタート」から「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」を開きましょう。

黒い窓が開き、文字だけの画面(コマンドプロンプトと言います)が開きます。 

普段見慣れない画面だけに、なんだか「俺、パソコンの難しいことやってるぜ」的な気持ちになれること、請け合い。

【さらにクールな方法】

こんな一大事に、マウスクリック3回もするなんて、まどろっこしいことやってらんねぇぜ。というあなたはこの方法。

画面左下「スタート」から、「ファイル名を指定して実行」して、「cmd」と入力すれば同様にコマンドプロンプトが開きます。

彼女:「すごい!!こんなコマンド知ってる!カッコいい!!」
てなりますから。 クール。

「ipconfig」で自分のネットワーク情報を確認する

その黒い窓で、「ipconfig」と入力し、Enterキーを押します。

すると、ザ~っと情報が出てきます!!が慌てないで大丈夫!

このコマンドは、PCに設定されているIPアドレス情報が表示されます。

ここを見てください。

下の方にある「IPv4アドレス」が貴方のPCのIPアドレスです。

IPアドレス=ネットワークでの住所みたいなものですね。つまり自分の住所です。

ドット=「.」で区切った、4つの数字列になります。この例だと10.2.154.110ですね。

で、下に見えるデフォルトゲートウェイ(10.2.154.254となっているもの)、というのが貴方のPCが道を聞く機械のIPアドレスです。

代表的な機械の名前がルータです。

無線LANのPCなら、無線アクセスポイントや、モバイルルータもそうです。以前の記事で「道案内のおじさん」と紹介しましたので詳しく知りたい方はどうぞ↓

ルータって何?1分で分かる。「交通整理のオジさん」のことです。

2015.11.27

【クールな方法】

貴方が流れるように「ipconfig」を打った段階で、後ろの彼女はもうメロメロのはずです。

表示される情報を指差して見て、 とりあえず「ふ~ん・・・なるほどね」とか言ってみると、さらにクールでしょう。意味わからなくても。

なるほどね

ネットワークエンジニアは、どんな状況でも、あくまでもクールにドライに、が鉄則なのです。クール。

pingでどこまで繋がっているか確認する

自分とデフォルトゲートウェイのIPアドレスが分かれば、 今度はどこまでネットワークが正常なのか試してみます。そこで使うのが、「ping」というコマンドです。「ぴんぐ」、と呼びます。

「ping」の後に、宛先のIPアドレスを書くことで、そのIPアドレスへ「もしもし」という挨拶をするコマンドです。

もし、宛先のIPアドレスまでの経路が正常で問題無いなら、「もしもし」の返事が返ってきます。

そんな「ping」を、PCから近い順に試していって、ダメになるポイントを探していくわけです。

まず第一に、自分のPCにpingするところから。

自分(PC)にpingする

前の例で、自分のPC(10.2.154.110)にpingしてみます。こんな風に、成功・失敗の結果と結果まとめが出てきます。この例だと、4回挨拶して、4回とも応答が来てますから、成功、ということです。↓

逆に失敗するときは、こんな表示になります。悲しい・・・。自分のIPアドレスにpingが失敗するときは、自分のPCに問題がある、ということです。

例えば、有線でつないでいたのであれば、

  • 「PCに繋がってるLANケーブルが抜けている」
  • 「LANケーブルが壊れた」
  • 「PCの設定で、有線LANが無効になっている」
  • (無線LANの場合)「PCの設定で、無線LANが無効になっている」

などの理由が考えられます。色々解決策が出てきますよね。

デフォルトゲートウェイにpingする

自分のPCにpingが成功したら、次はデフォルトゲートウェイにpingしましょう。この例だと、デフォルトゲートウェイは「10.2.154.254」でしたから・・・↓のようになります。

上の画像では、pingが成功してます。

この状況でもインターネットにつながらないのであれば、「デフォルトゲートウェイから、インターネット側に問題がある」ということです。

原因としては

  • 「ルータから部屋の壁に刺さっている光ケーブルが抜けている」
  • 「プロバイダへの料金支払いが滞ったので、回線を切られてしまった」
  • 「プロバイダのID/パスワードの情報が間違っている」

などなどの理由が考えられます。

逆に、pingが失敗したならば、デフォルトゲートウェイの中に問題がある、ということです。

突然、つながらなくなったのであれば、一番最初にやるべきはPCがつながっているルータ・無線ルータの「再起動(電源オフ→オン)」でしょう。

実際、家で起こる問題の大半はこれで治ります。

ルータやデフォルトゲートウェイの機器は24時間365日電源つけっぱなしでフル稼働しているので、そりゃ偶には壊れます。再起動してリフレッシュしてもらいましょう。

まとめ

いかがでしたか?日常ではインターネットがつながらなくなる現象、結構あります。

実際、僕は実家や友達の家でも、今日話したような手順で対応し、直してきましたから、かなり実用的な手順のはずです。

始めての人にはちょっと難しそう・・・と思いますが、だから「すごーい!!」と言われてみます。ドヤ顔も出来ます!!やってみれば凄く簡単なので、ぜひスマホで隠れてメモっておいて、使ってみてくださいね。

もっと詳しく見てみたい、という人はコチラ。分かりやすい図と説明で、かなりの良書です!僕も最初はこちらのシリーズで勉強しました。↓

この記事のシェアお願いします↓

ABOUTこの記事をかいた人

移住した30代のサラリーマンブロガー。SE/投資家/ドラマー/つけ麺好きです。毎日の気付き/投資/IT情報/お金・時間的に得する情報をお届けします。 ブログは毎月5万人くらい来ます。田舎住まいだけど虫が弱点。あとレバーが食べられない。