iPhone、iPad用のUSBメモリ!Leef社 iBridge(アイブリッジ)レビュー。かなり良いブツだった。

iPhone、iPad使っててあーUSBメモリあったらいいのに、と思うこと、多いですよね。


今まではそういうものを持って無かったので、どうしてもメールやクラウドサービス頼みになって、インターネットが繋がらない環境では悲しい思いをしていました。

そこで見つけたのが、このLeef社のiBridge(アイブリッジ)です。
下の見た目からして、普通のUSBメモリでは無いのですが、使ってみるとかなり使い易くて、良いぞこれ。ということで、紹介してみます。

使い方は簡単。挿すだけ

買ってきて箱から出します。外観はこんな感じ。キャップも付いています。
IMG_20150801_215402

iPhoneに繋げると自動で認識して、「アプリをダウンロードしますか?」下の専用アプリのダウンロードまで誘導してくれます。忙しいオジさんにもピッタリです。

IMG_20150729_062419


アプリを起動すると、初回だけこのようなチュートリアル写真が流れます。
もうこれだけで説明はいらないですかね。。。

IMG_20150730_210316

IMG_20150730_210322
IMG_20150730_210328
IMG_20150730_210
334
IMG_20150730_210338

で、メイン画面。シンプルです。
上から順に、iBridgeとのファイル転送、iBridgeの中身を見る、写真の保存先をiBridgeにして写真撮影、が出来ます。

この写真の保存先をiBridgeにして写真撮影、が出来るのがミソなんです。これを使えばiPhoneの容量が一杯でも、写真撮影が出来ちゃいます。これ一個もっていけば、もう容量オーバーで写真が撮れない!!ってことが無くなるわけですね。


IMG_20150730_210343

意外としっくりくる


付けて持つとこんな感じ。本当に意外だったんですけど、全く邪魔にならない。
なんなら付けたまま一日いても不自由はしないでしょう。

IMG_20150801_215611
IMG_20150801_215622


使い方いろいろ

というわけで色々使えそうです。

  • iPhone、iPadからのPCや人とのファイル受渡し用
  • PCへのバックアップ移動用
  • 補助用ドライブ


僕としては、仕事用PCとのデータ受渡し用に使う予定です。今まではその都度会社PCアドレスにメールしてましたからね・・・だいぶ楽になりそうです。

注意点

気を付けたいのは、接続インタフェースがUSB2.0となるため、大容量の受渡しだと、少し時間がかかるくらいでしょうか。 容量も、16GB、32GB、64GB、128GBと幅広いです。ご自身の用途と、端末の容量により、選べばいいと思います。僕はNASがあるので、16GBで十分です。

<次の記事はコチラ>

iPhoneの写真をLeef社「iBridge」(iPhone用USBメモリ)を使って撮影するメリット

2016.03.21

この記事のシェアお願いします↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

移住した30代のサラリーマンブロガー。SE/投資家/ドラマー/つけ麺好きです。毎日の気付き/投資/IT情報/お金・時間的に得する情報をお届けします。 ブログは毎月5万人くらい来ます。田舎住まいだけど虫が弱点。あとレバーが食べられない。