500円玉貯金を無料でカウント・両替する方法。三井住友銀行で両替・入金してみた

500円玉貯金をしています。3年におよぶ貯金の結果、だいぶ重くなったので、両替することにしました。調べてみると両替って、手数料がかかるんですよね。。。枚数によりますが、300~600円くらいかかってしまいます。

同じ金額のお金にするだけなのに、手数料分減ってしまうなんて、なんか損ですよね。いろいろ調べると無料で出来る、良い方法が見つかったので、今回はその実践記です。

▼郵便局でも出来ます。実際にやってみましたよ。

500円玉100枚以上を無料でカンタンに両替する方法。郵便局で入金してみた

2018.10.19

500円玉貯金 無料で両替する方法

「無料で両替する方法は無いか?」調べてみると・・・

銀行で口座入金すると無料になる

「銀行の窓口に持っていって、そのまま口座に入金すれば無料」ということが分かりました。たしかに銀行側としても自分の預金残高が増えるのは嬉しいですもんね。

ということで、口座を持っている三井住友銀行の窓口に行って無料で簡単に両替してきたので、まとめます。他の銀行でも、ほぼ同様の手続きでいけるはずです。

実際行ってやってみたのは後で書きますが、取り急ぎ必要なものをまとめます。

銀行での両替に必要なもの

実際に必要だったものについてまとめます。

入金するために必要なものですね。

  • 三井住友銀行のキャッシュカード(または通帳)
  • 両替したい硬貨

※印鑑や身分証明書も必要かと思ったんですが、特に要求されませんでした。

500円玉貯金箱を開封

それでは、貯まった500円玉を出すため、これまで使ってきたATM貯金箱を開封します。

▼長年使ったATM貯金箱を開封。おお。500円玉がぎっしりです。
貯金箱の500円玉1

▼とりあえず手のひら一杯に取ってみます。「俺には吐いて捨てるだけの金(500円玉)があるんだぜ。金持ちだぜ。」という気持ちになってきます。
貯金箱の500円玉2

▼空になりました。またゼロから500円玉貯金が始まります。次に開けるのは何年後かな?
貯金箱

▼ビニール袋に入れました。おぉぉずっしり重いです。破れないように2重にしました。500円玉一枚は7グラムらしいですから、300枚くらいで2キログラム近くあるってことになります。これをカバンに入れて、いざ三井住友銀行へ!
500円玉を袋に詰めた 

三井住友銀行で両替・入金してみた

▼九十九里浜の自宅近くには三井住友銀行の支店はありません。1時間かけて千葉まで来てしまいました。ということで、千葉駅近くの三井住友銀行におもむろに入店。
2016-08-12-12-13-18

▼1階のおじさんに「サーセン。両替したいんすけど」と伝えると、2階に通されました。受付のお姉さんに、両替して入金したい旨伝えると・・・
2016-08-12-12-08-20

▼渡された紙に名前と口座番号を書いて、貯まった500円達とキャッシュカードを手渡しします。(パニクってて写真がブレブレです)手続き自体はとっても簡単ですね。数分待つと・・・
2016-08-12-12-06-13 

▼こんな確認書を貰えました。合計128,400円貯まってたんですね!500円の倍数じゃない・・・たしかに最初は100円玉とか入れてたからなぁ。。。500円玉で言うと、大体256枚です。入金した後の残高も載ってますね。
2016-08-12-12-11-26

まとめ

と、あっけないほど簡単に手続き完了です。もちろん手数料はかかりません。

これを後日、引き落としすれば紙幣で両替したことに出来ます。簡単でカウントする手間も省けますから、良いですね。500円玉貯金の出口として、覚えておきたい技です!

▼郵便局でも出来ます。実際にやってみましたよ。

500円玉100枚以上を無料でカンタンに両替する方法。郵便局で入金してみた

2018.10.19

▼お金のことを学ぶならこの無料講座がオススメ。

【無料でも濃密】お金の教養講座Plusレビュー。会社員投資家が思うメリット・デメリット

2018.01.30

この記事のシェアお願いします↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

移住した30代のサラリーマンブロガー。SE/投資家/ドラマー/つけ麺好きです。毎日の気付き/投資/IT情報/お金・時間的に得する情報をお届けします。 ブログは毎月5万人くらい来ます。田舎住まいだけど虫が弱点。あとレバーが食べられない。