「自動販売機の缶ジュースを買っている人は貧乏」の理由

こんにちは。ゆうげん(@1funkiduki)です!

日本なら、どこにだってある缶ジュースの自動販売機。

コインを入れて「ポチ」っとすれば温かいものも冷たいものも、手軽に飲めるので便利です。

▼シンガポールの自動販売機。日本と違って海外で自販機を見るのは、かなりめずらしいです。 
  2015-10-19-14-48-15

毎日、自動販売機で缶コーヒーや飲み物を買う人も多いです。

  • 会社の喫煙所横にある自動販売機で「休憩がてら」ポチ
  • 出勤途中で、電車に乗る前の「朝食代わり」としてポチ

この記事ではそんな「自動販売機で缶ジュースを買う人」がお金持ちになれない理由を書いていきます。

自販機は高いという認識が無い(コスト意識が無い)

たとえば自動販売機で缶コーヒーは、2016年4月現在130円です。だいぶ値上がりしちゃいましたねぇ。。。

でも、他のところで買うとかなり安くなります。
Amazonで買うと(¥ 70~80/本)。   スーパーで買うともっと安いです。60円とかにもなりますよね。

それを考えると、自動販売機の130円はもう「ぼったくりレベル」でしょ! 

味はともかく、インスタントコーヒーなら一杯10円以下ですからね。。。まあこれは味の好みもあるでしょうから、一概には言えません。

他よりも高いお金で買ってしまってることに気付いてない・・・ この時点でお金持ちになれる可能性は低くなります。  

お金より「目の前の欲望」に負ける

もちろん、自動販売機で買うと、普通よりも高いって知ってる人多いでしょう。

でもなんで買うのか??便利だからです。その人が「今、すぐに飲みたいから」なんですよね。

缶ジュースを自動販売機で買う人は、「もっと簡単に早く、自分の欲望を満たせるなら、お金を払いますよ!」と言っているようなもんです。家まで我慢したり、家から準備したりする手間を惜しんでいます。

テレビ、広告、インターネット、ゲーム・・・ボクらは誘惑だらけの世界で生きています。現代社会でお金を貯めるには、「我慢したり」「工夫したり」する理性が必要なんです。

頭を使わないで、てっとり早く欲望を満たせるものにお金を支払う・・・そういう人がお金持ちになるのは、なかなか難しいですよね。

プレジデントでもまさに同じこと言ってます。

「缶コーヒーを購入する行動心理は、衝動買いする時と同じ行動心理かもしれない。
ただ金額が少額なだけで、やっていることはほぼ同じだと思う。
だからお金を浪費していく=お金が貯まらない減っていく
という図式が成り立つのだ。」

ホントこれです。小さいお金を貯められない人が、大金を貯められるはずがないんです。 

ということでまずは、自動販売機使うの止めてみませんか? 

▼コンビニで買うカップラーメンも同じ理屈ですよ。

日清カップヌードルの価格をコンビニとAmazonとスーパーで比べてみた!

2016.01.13

この記事のシェアお願いします↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

移住した30代のサラリーマンブロガー。SE/投資家/ドラマー/つけ麺好きです。毎日の気付き/投資/IT情報/お金・時間的に得する情報をお届けします。 ブログは毎月5万人くらい来ます。田舎住まいだけど虫が弱点。あとレバーが食べられない。