500円玉100枚以上を無料でカンタンに両替する方法。郵便局で入金してみた

こんにちは。好きな言葉は「コツコツやる」のゆうげん(@1funkiduki)です!

ルールが分かりやすく楽しく続けられる500円玉貯金。他の硬貨は目もくれず、ただ手元の500円玉のみを貯金していくという方法です。

2016年に三井住友銀行で200枚超の500円玉を両替・入金してから2年が経ちました。

最近支払いに使うのはSuicaや電子マネーばっかりで、ほとんど現金を使うことがなくなったけど、地道に続けています。

使っているのは、昔から同じATM貯金箱です。貯金した額がはっきり分かるから、やる気が出てオススメなんです。

楽に貯金するなら500円玉のみで!しかもATM貯金箱が必須ですよ

2015.10.05

▼貯まった500円玉たち。

今回、2年間で7万円以上貯まったのでまた両替しようと思いました。

ゆうげん
両替するのはいいけど、どこでやったら一番お手軽なんだろう?

調べると・・・銀行以外にも、郵便局で無料の両替(入金)できるじゃないですか!!

郵便局なら全国24,000箇所もあるので、どこでも両替(入金)しやすく、便利です。

早速近くの郵便局で両替(入金)してきました。手順含め紹介します!

郵便局で両替する方法=口座への入金

まず、ここまで両替と言ってきましたが、普通の郵便局ではそもそも両替をやってくれません。

銀行では両替手数料300~600円位でやってくれますが。。。

でも「郵便貯金口座への入金ならば」窓口でもATMでも可能なんです。

入金したお金を引き出せば、紙幣として出てきますから、両替したのと同じです。手間はちょっとかかっちゃいますけどね。

郵便局で入金する手順

それでは、郵便局に入金する手順を見ていきましょう。

必要な物の準備

まず、郵便局での入金に必要なものは

  • 「集めた硬貨」
  • 「郵便口座のキャッシュカード」

です。

硬貨は適当な袋に入れて持っていきましょう。

▼今回入金する500円玉たち。ずっしり重いです。これが2年分の重さか。。。

最寄りの郵便局に行く

持っていくものの準備が出来たら、最寄りの郵便局へ持っていきます。

貯金サービスを行っている郵便局なら、規模を問わず入金はできるみたいです。

ボクも今回、ATMが1つしかない、町の小さな郵便局に行きましたが、普通にやってくれました。

名前と電話番号を記入

貯金サービス窓口で「硬貨を入金したいんですけど」というと、処理が始まります。

▼書類に名前と電話番号を書きます。金額は書かなくてもOKです。

で、持ってきた「硬貨が入った袋」と「郵便口座のキャッシュカード」を渡します。

今回は500円玉のみでしたが、500円玉以外の硬貨が混じっていても、まとめて入金できます。

待つ

窓口のお姉さんが機械を使って硬貨をカウントしてくれますので、待ちます。

郵便局内にはその時ボクしかいなかったので、5分くらいで呼ばれました。

ご利用明細をもらって終了

窓口のお姉さんから、「入金金額は76,000円でした」といわれ、明細票をもらいます。

500円玉を入れていた袋も返してもらえました。

▼明細票。入金金額は「***」となっていて、書いてないんですね。

これで終了です。カンタンでしょ?

▼通帳記帳して確認。確かに76,000円入金されてます!!ってことは、500円玉152個あったのか。。。

▼76,000円引き出してみました。こ、こんな大金久しぶりに持ったな。。。

ATMより窓口がオススメの理由

とここまで窓口での両替(入金)について書いてきましたが、実は郵便局のATMでも硬貨の入金ができるんです。

「こっちのほうがカンタンだし、良いんじゃね?」と思うかもしれませんね。

でもこんなデメリットがあるのでオススメしません。

  • 一度に100枚までしか出来ない
  • カウントの間で、硬貨がATMに詰まる恐れがある
  • 後ろで順番待ちしている人のプレッシャーがスゴい(汗

窓口なら上記の心配もないし、なによりプレッシャーで焦ることが無いので安心です(笑)

まとめ

以上、「郵便局で500円玉貯金を無料で両替してみた」、という記事でした。

実際にはお金が増えたわけじゃないんですが、口座に入金できるとなんか嬉しいですね。

空いた時間にサクッとカンタンに両替できちゃいますので、ぜひどうぞ!

ピーナッツ・クラブ
¥3,480 (2018/11/17 21:40:09時点 Amazon調べ-詳細)

この記事のシェアお願いします↓

ABOUTこの記事をかいた人

移住した30代のサラリーマンブロガー。SE/投資家/ドラマー/つけ麺好きです。毎日の気付き/投資/IT情報/お金・時間的に得する情報をお届けします。 ブログは毎月5万人くらい来ます。田舎住まいだけど虫が弱点。あとレバーが食べられない。