花見合コンにおける女子の戦い。本当のニーズとは?

バレンタインデーも終わり、寒さも弱まってきた今日この頃・・・もうすぐ桜ですね。桜と聞くと、必ず思い出す、ある話があります。

ある女友達から聞いた、実体験です。

4月のお花見合コン。大学生の男数人と、同じく大学生だったその友達(A子さんとしましょう)と、もうひとり別の女の子(B美ちゃんとします)が参加しました。当時、A子さんは彼氏無し。ぶっちゃけ飢えていました。

no title

2女子の外見について

A子さんは化粧っ気もなく、パッと見、さっぱりとして竹を割ったような性格の、気持ちの良い子です。肉食系の女子という感じです。

A子さんイメージ。
image

A子さんに比べてB美ちゃんは対照的。茶髪にクリックリのカールを巻いて、化粧もバッチリ。可愛い系の子です。ブリブリのロリ系ってやつです。

B美ちゃんイメージ。
おすすめの本を教えてくれる文学少女

彼氏がいなかったA子さん、これはチャンス!ぜひとも彼氏ゲットしたい!と超乗り気。

かくして、花見というイベントを使った、一大勝負が始まろうとしていました。。。

1回戦:第一印象対決

メンツは、男4人と女子2人。全員ほぼ初対面です。

普段、あまりケバ目のメイクをしないA子さんに加えて、B美ちゃんは。。。

・「どこに行くんですか」というほどのコテコテメイク

・チークも入れて「まるで桜のよう」

良くわかんないけど、なんかちっちゃい服だった(A子さん談)

「小さくて、守ってあげたいような可愛さ」を演出したB美ちゃんに、男子は総ガン見です。

「B美ちゃん、凄い可愛いね!(・∀・)イイ!!」

「B美ちゃん、こっち席空いてるよ!」

「B美ちゃん!」「B美ちゃん!」

・・・先手は完全にB美ちゃんです。

この勝負ファーストコンタクトで見えたかに見えましたが、A子さんは余裕でした。「ふふん。アタシにはアレがあるから見てなさいよ。。。」

2回戦:弁当対決

実はその合コン、女子が弁当を作ってくる、ということになっていたんです。

男兄弟の中で育ったA子さん、実は料理が大の得意でした。

「参加するのはみんな体育会系の男子ばっかりだし、料理もガッツリ目でボリュームのあるものを作ったら喜ぶよね!」と早起きして、男の子が喜ぶような料理を気合入れて作ってきていたのです。まさに隠し玉、まさに起死回生の一手です。

こういうものを作っていきました。

  • ギュウギュウに米を詰めまくった巨大おにぎり(天むす)

天むす4つ

  • タレをギンギンに付けまくった鳥のから揚げ

うまさ爆発!みんな大好き鳥のからあげ 

  • 甘辛く、おかずにもなる玉子焼き

image

    重箱に収まりきらないほどたっぷりと作って、持っていきました。

    それを見た男子たち・・・

    「おーー!!うまそーーー!頂きま~~~~す!!!」

    一斉にパクつき始めました。

    A子さんの狙い通りです。

    A子さん「勝った。。。やっぱり男子は胃袋からつかまないとね・・・」

    A子さんの余裕を冷静に見ていた、B美ちゃんのターン!!  
    泣きそうになりながら、作ってきたものを出しました。

    B美ちゃん「A子さん、凄いね~。アタシ料理が下手だから、みんな、ごめんね。。。こういうのしか作れなくって・・・」

    そういって出されたものは

    すっごい ちっちゃ~~~~いサンドイッチだった(A子さん談)

    それを見た男子の間に一瞬の沈黙。。。

    男子X「か・・・かわいい~~~!!」

    男子Y「全然下手じゃない!!美味しそうだよ~~~!美味し~~!(一口で食べながら)」

    男子Z「いや~ホントに小さいね。B美ちゃんみたい(笑)」

    なんということでしょう。形勢逆転です。ショックに打ち震えているA子さんをしり目に、にっこり笑ったB美ちゃんは、続いて思わぬ第二撃を繰り出してきました。

    B美ちゃん「そう?良かった~www 実は、こういうのも作ってきたんだよっ!!」

    そういって、これまた小さいタッパを出してきました。

    「パカッ」

    中にあったのは・・・

    image

    「ポークビッツとアスパラを焼いたもの」

    ※とても難しい料理なので、レシピ紹介します。こちらです。

    ポークビッツ、アスパラ、ポークビッツ、アスパラ・・・ただ焼いただけじゃん・・・(A子さん談)
     

    それを見た男子たちの反応は・・・まぁ皆さん、想像つきますよね?

    男子X、Y、Z「ちっちゃくて、かわいーーーー!!」

    男子X、Y、Z「うまい~~~!(A子さんの作った天むすおにぎりをパクつきながら)」

    その後も放心状
    態のA子さん
    をおいて、男子達とB美ちゃんの楽しい時間は過ぎていき、結局、一人で帰るB美ちゃんを乗せたタクシーを、男子全員(と空になった重箱を持ったA子さん)が大手を振って見送る、という最悪の結果となってしまいました。

    ・・・という話をA子さんは本当に悔しくて泣きそうになりながら、話してくれました。僕は笑いすぎて泣きました。

    この話の教訓「本当のニーズを満たす重要性」

    以上、若干脚色しましたが、お楽しみいただけたでしょうか?(笑)

    男子ってバカだなぁ、と終わってしまうのもありですが、さらなる気付きとして僕が考えるのは、「本当のニーズとは?」ということです。

    確かにA子さんの「男子は料理が好き」というのは本当です。男子も喜んでましたよね。でも・・・合コンに来る大学生男子の「本当のニーズ」ってそこじゃないんです。

    本当のニーズって何でしょう?「彼女になりそうな可愛い子を見つける」ってことですよね!(「良いお嫁さん」じゃないことにご注意!

    大学生で若い男子ですから、結婚なんて考えられません。遊びたいんです。

    ですから、「ハキハキしてて」「料理もなんでも一人で出来る」A子さんより、「可愛くて」「ちっちゃくて」「守ってあげたい」B美ちゃんの方が、男子の「本当のニーズ」を満たせたんです。

    ということで、この話を無理やり応用してみましょう(笑)

    仕事や家庭でも「相手の本当のニーズは何だ?」と考えてみてください。あなたもA子さんみたいに、見当違いの事やってるかもしれませんよ!!

    ※A子さんには、「俺はA子さんの方がタイプだから大丈夫だよ」とか適当に慰めておきました(笑)

    ポークビッツ、しょうゆだけで焼いても美味いよね。

    この記事のシェアお願いします↓

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です