「〇〇もんね」と羨むのはホメ言葉ではありません。逃げだと知れ!

monnne

仕事でも勉強でも、何かしらの成果を出したとき、周りに羨む結果を出されたとき、良く言われてました。

「ゆうげんくんは、頭が良い「もんね」。。。うらやましいなぁ

それに対してボクはいつも

「アハハいやいや。。。」

と言っていました。が、そろそろそれも限界です。今日、抑えてきたものを吐き出したいと思います。

本当は

「はぁぁぁ!?それって違くね!?こっちはそれなりに努力してるんですけど?!」

この言い方なんでしょうね?なんでこんな言い方になるんでしょう?

「○○もんね」=自分は努力しなくて良い、という逃げ

このように、「あなたは頭が良いもんね」を言う人は、裏で「あなたは頭が良かったから、この結果を出せたんだ。自分も頭が良ければ、このくらいの結果、楽勝で出せた」

と知らず知らずのうちに、何も努力しない自分を正当化してます。そうやって「成果出せない・・・」と落ち込むことから、逃げてるんです。

努力しなくて良いんだ、という逃げです。だって、「頭が良かったら」、出来てるんですからね。

「かっこいいもんね」「センスあるもんね」も同じレベルの言葉です。
23405776766_de585ceaba

ブログでもそうです。ボクも限られた時間で、無い知恵を絞って、1秒でも多くの時間を有効に使って、1文字でも多く良い記事を書こうと努力しています。おかげで1万アクセス達成という、ある意味「入口は」達成できました。

そんな入口を達成するにも、記事数は増えても一向に伸びないアクセス数に一喜一憂し、考えても1文字も出ない状況でも机にかじりついて、言葉をひねり出してます。

苦しみながらやっと書いた記事が、「誰が読むんだ?ってクソつまんない記事」だったりして、自分に嫌気がさしたり。

それでも勇気とやる気と元気を総動員して、毎日1個1個書き続けているわけです。これはブロガー全員そうでしょう。

プロブロガーと呼ばれる人もセンスの有り無しはあるでしょうが、こういう苦しみを乗り越えてきた人たちだと思います。決して楽な道ではなかったはず。
24752383545_a588c51f5e
 

だから、そんな尊い努力を、「頭が良いから」「センスがあるから」という言葉だけで棚に上げてしまうのは、言っている人にも相当勿体ないことだと思うんです。

逆に、努力している人はそんなこと言いません。「くっそー自分もやりたい」と悔しがったり、「どうやったの?」と秘訣を聞いて来たり。。。自分のアクションに活かそうと、活かすはずです。

というようなことを言っても、分からない人にはわからないと思うので、自己満足のつぶやきでした。以上!

この記事のシェアお願いします↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です