君津の森で日帰り温泉+ランチバイキング!都心から1時間で行ける良質なバイキング+リラックススポット。

こんにちは。房総半島移住組のゆうげん(@1funkiduki)です!

日ごろの疲れを癒やすなら?

美味しい食べ物と、温泉ですねぇ!!

ということで、お風呂も入れて美味しいバイキングも食べれる「君津の森に行ってきました。

2000円ちょっとで手抜きのない良質なバイキングと温泉、リラックス施設も充実していて、コスパ最優先のボクも大満足のスポットでしたよ!

君津の森とは?

君津の森とは、全国にリゾート施設を展開している、大江戸温泉物語グループの一つです。

日帰り入浴、レストラン、宿泊施設が一緒になっています。

ちなみに温泉とはいっていますが、天然温泉ではありません。「光明石=こうめいせき」を入れて沸かして作った人工温泉です。神経痛・リウマチ・腰痛・痔・冷え症・肩の凝り・産前産後の冷え症・疲労回復に効能があると言われています。

君津の森のアクセス

君津の森は、JR内房線の君津駅から、車で30分ほどのところにあります。

都心から車で起こしの際は、1時間くらいで来れます。東京湾アクアラインから君津ICで降りて、車で15分ほどです。意外と近いでしょ?

▼山の中にあるので、気をつけて来てくださいね。

▼車で山の中を進んでいくと、君津の森入り口が見えます。

君津の森の外観

▼駐車場から歩くと、すぐに君津の森入り口。進んでいくと・・・

▼君津の森入り口。和な感じです。

君津の森のランチバイキング+入浴セット料金

今回楽しんできた、ランチバイキング+入浴セットの料金はこちら。

ゆうげん
日帰りで行くなら、このコースが一番良いでしょうね!
 平日土日祝
大人1,800円2,100円
小学生900円1,200円
幼児(3歳~)380円600円

▼入り口から入ると、すぐ左に料金案内があります。

ゆうげん

日帰り入浴だけなら、700円くらい。オトクな感じですね。とはいえ、ランチバイキングも合わせたほうがもっとオトク感を感じられると思います。

君津の森の中の様子

▼中に入るとまず目につく看板。まずは券売機で入浴券・お食事券を買うんですね。

▼入り口からまっすぐ進むとこんな景色です。右側に見えているのが券売機。

▼券売機アップ。

▼券売機の右側はフロントになっていますから、わからなかったら聞きましょう。

▼券売機の左側は温泉入り口になります。

▼券売機のアップ。入浴・ランチの組み合わせで選べます。

温泉にランチバイキング込みで平日は1800円(子供900円)、土日は2,100円(子供1200円)です。

外房にあった太陽の里は同じくらいの価格でお風呂だけでしたからね。。。

スパ&リゾート九十九里 太陽の里をお得に使う方法

2016.06.08

▼今回は妻と「ランチ+入浴券」(税込み2100円)を買いました。

▼フロントの奥にはお土産さん。なぜかおばちゃん向けの服も売ってます。

君津の森のランチバイキング

券売機で券を買ったら、いよいよランチバイキングへ行きます。

ランチバイキングのまとめ情報

下記、ランチバイキングのまとめ情報です。

  • 営業時間:11:30〜14:30(最終入場14:00)
  • 60分間制限有り(といっても厳密に管理はしてないっぽい)
  • ランチバイキングだけ料金:平日1,500円、休日1,800円
  • 品揃えが豊富で、なおかつ空いている開店直後に行ったほうが良い

ランチバイキングの様子

▼入浴するまえに、まずは腹ごしらえ。開店の11時半にいくとスムーズに入れました。

▼入り口の店員さんが席まで案内してくれます。レストラン内はとても広いです。

▼窓際の席に座りました。気持ち良い。

▼席に付いたら、備え付けの空席の札をひっくり返して・・・

▼食事中にしておきます。

▼ドリンクメニューも。こちらは別途料金かかります。

ランチバイキングの料理

席を確保したら、さっそく料理を取りにいきましょう!!

▼オムライス、焼きそばといった炭水化物系。一口サイズのロールキャベツなんかもあります。

▼あっさり目のメニューも。

▼サラダ。どの食材もたっぷりあります。

▼君津の森のバイキングでぜひ食べてほしいのが、刺し身です!厚めに切った白身・赤身、カツオのたたきもあって、ヅケ丼なんかも作れるし、楽しそうです!

▼うどんも美味しそう。

▼惣菜コーナー。

▼プリンとかスイーツ系。

▼フルーツも盛りだくさん。

▼天ぷらも食べ放題!大好きなナス天が食べ放題なんて、ここは天国か・・・!?

▼酢をベースにしたドリンクもあります。

▼第一陣はこんな感じで刺し身・サラダメインで組み立ててみました。右にあるくみあげ豆腐?も美味しかったです。

▼びっくりしたのがハヤシライス。食べ放題なのに、こんなに具沢山。嬉しい・・・!

▼食べすぎてしまいましたよ・・・。

▼コーヒーが美味い。もちろんこれもバイキングの中に入ってて飲み放題。

▼妻がソフトクリームを芸術的に持ってきました。

お腹いっぱいになったところで、温泉に行ってみましょうか。

君津の森の温泉

▼さきほども見ましたが温泉の入り口です。

▼靴をロッカーにあずけて先に進みます。

▼脱衣所のロッカー。

これ以降は写真撮れませんでしたが、温泉は以下のものがありました。

  • 普通のお湯
  • ジャグジーバス
  • 露天風呂
  • 低温サウナ

日曜昼間なのに人も少なく、ゆっくり入ることが出来ましたよ。

低温サウナは総勢5人くらいしか入ることが出来ない小さい部屋でした。個人的には普通の暑いサウナが良いなぁ。

じっくり長く楽しみたい方はいいかもしれませんね!

君津の森の娯楽施設

▼お風呂を上がったら、入り口前の休憩スペースで休憩できます。大きいテレビもありますよ。

▼2階にも行けるみたいです。行ってみましょう。

▼2階に上がると見えてくるのは、卓球コーナーとゲームコーナー。

▼ゲームコーナー。UFOキャッチャーが多め。卓球コーナーは家族連れのお客さんで盛り上がっていました。

▼子供向けスペースも。子供が引き寄せられるよう、ずらっと並んだゲーム機。

▼ゲームコーナーの向かいには、畳の大部屋「休憩室」。

▼カンタンなシートもあって、寝っ転がるには良さそう。

▼通路に置かれているソファーも良い感じでダメ人間になれそうです(笑) 奥に進むと・・・

▼漫画も完備!お風呂上がりに漫画を見ながら寝っ転がる・・・良いですね!

この日は日曜でも空いていたのですが、やたらリラックススペースが広いのも「君津の森」の特徴。

▼さらに奥に行ったところも、臨時の休憩室になってました。誰もいませんでしたよ。

まとめ

君津の森での日帰りランチバイキングからの温泉、そしてリラックスをお届けしました。

食いしん坊のボク的には、このレベルのランチバイキングで温泉もついて、休日料金2,100円というのはかなりオトクです!!

お近くにお住まいの方はもちろん、都内からも1時間ちょっとで来れるので、日帰りで観光がてら寄ってみると吉と思われます!!

関連ランキング:バイキング | 平山駅俵田駅

▼各種宿・ホテル検索サイトで見るなら

▼こちらも同じく千葉県房総半島の温泉施設。

スパ&リゾート九十九里 太陽の里をお得に使う方法

2016.06.08

この記事のシェアお願いします↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

移住した30代のサラリーマンブロガー。SE/投資家/ドラマー/つけ麺好きです。毎日の気付き/投資/IT情報/お金・時間的に得する情報をお届けします。 ブログは毎月5万人くらい来ます。田舎住まいだけど虫が弱点。あとレバーが食べられない。