2015年のふるさと納税で、結局いくら得したのか?結果発表します。

昨年、初めてのふるさと納税を行いました。

ふるさと納税・・・他の自治体に納税してくれれば、その分を差し引いて翌年の住民税を減らせるよ、っていう制度ですよね。

実質2000円の負担で、お礼の品をもらえるお得な制度!、ということでやってみたんです。

▼詳しくはコチラ。
実質2,000円で数万円相当の物をプレゼント?!ふるさと納税がお得になっていてビビった。

一年たって、ふるさと納税をした効果が実際に見れることになりました。結果を報告します!

2015年に行ったふるさと納税の振り返り

まず、昨年行ったふるさと納税はこんな感じでした。

昨年は、福岡県 福智町に6万円でシェーバー長野県 伊那市に1万円でモバイルバッテリーを買って、トータル7万円の寄付を行ったんですね。

実際に寄付や届いたものの記事を以下にまとめます。

▼シェーバーを選んだ記事
初めてのふるさと納税。寄付する対象を「お返し目当て」で選びました。1

初めてのふるさと納税。福岡県福智町から書類が届いたので、申し込みをしました。

▼シェーバーが届いたという喜びの記事
初めてのふるさと納税。12月と思っていた福地県福智町からの日立電動シェーバー「ROTARY G-SWORD」が届きました。

▼モバイルバッテリーを選んだ記事
初めてのふるさと納税。寄付する対象を「お返し目当て」で選びました。2

ふるさと納税の効果は?

サラリーマンは毎年6月に、前年の所得を元に住民税が計算されて、お知らせを貰います。6月から今後1年間かかる住民税の金額が書いてあるはがきです。

そのお知らせである、「平成28年度 給与所得等に係る町民税・県民税 特別徴収税額の決定通知書」が来ましたので、結果を報告します!

これを見ると、控除された=差し引かれた額が載っています。

▼決定通知書の写真
image

 

ポイントはココ!「寄付金税額控除額」ですね。住民税は町、県それぞれに引かれます。町の分が40,801円、県の分が27,201円でした。

合計して68,002円です!

おお!きっちり寄付金額の70,000円から、2,000円ひかれた額が控除されています!2円がよくわからないけど、余分にひかれていました(笑)

結果を言うと、2000円支払って、3万円近くのシェーバーと、4千円近くのモバイルバッテリーを手に入れたってことになる・・・まさに事前情報通り・・・ということが分かりました。あ、もちろん自分がどれだけ納税出来るか?事前に調べないとダメですよ!↓で計算してくださいね。

私はふるさと納税をいくらできる?~税金控除になる限度額の目安~

 

ほんとに得できたのか?不安でしたけど、これで安心です。

ということで、2016年もしっかりふるさと納税しなくちゃ。下記の記事のように色々探してるんですけど、おもしろいものがたくさんで選べないんです。。。どうしようかなぁ。。。

▼2018年に楽天でもらった返礼品をまとめました。

ふるさと納税で2018年78,000円かけて選んだおすすめ品まとめ。発泡酒・お米・Yシャツなどの消耗品がやっぱりオトクだった。

2018.11.09

▼食事だけじゃない!こんなものもあるよ、という記事
【ふるさと納税】「雑貨・日用品」のお勧め品を探してみた@2016年

▼実際に探すなら、ふるさと納税ポータルサイト、「さとふる」で!

この記事のシェアお願いします↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

移住した30代のサラリーマンブロガー。SE/投資家/ドラマー/つけ麺好きです。毎日の気付き/投資/IT情報/お金・時間的に得する情報をお届けします。 ブログは毎月5万人くらい来ます。田舎住まいだけど虫が弱点。あとレバーが食べられない。