つまようじが全てを壊す!?美は細部にやどる、という話。

22859833649_2af0167549
全国的にも有名な柏高校吹奏楽学部を、知ってますか?

単なる演奏だけでなく、踊りやパフォーマンスを生徒達自身が考えて行う、部員数200名のスッゴイ部活です。

▼柏高校吹奏楽学部の演奏動画はコチラ。

顧問の先生のコダワリ・指導方法がハンパなく厳しいのですが、聞いていてとても印象に残った場面がありました。不確かなところがありますが、再現してみますね。

先生の激怒

場面は練習前、全部員が集合しているところ。

bsBL007-turibashide20140810
突然先生が怒鳴ります。 「あそこで弁当食べた奴、誰だ!?」シーン。

どうやら、その場所に、弁当箱に入っていた爪楊枝が落ちていたから、らしいのです。

なぜ、こんなに先生は怒っているのか? 「いいか!?つまようじ一本でも、こういう小さいことが、全てを壊すんだぞ!」

小さいことから全てが壊れる

チームワーク、パフォーマンス、楽器それぞれの音の正確さなど、あらゆる面で緻密さが求められるトップレベルの吹奏楽部には、一つでも妥協が生まれても妥協の連鎖が生まれてしまい、その高いレベルを保てません。

なんでもそうですよね。会社でも、仕事でも、人間関係でも・・・ 少しでも怠けてしまえば、それが連鎖して、どんどん怠け者になってしまいます。
24664676053_8443b65950

そうなってしまったとき、それを変えるにはどうしたら良いか? やはり一番は小さなことから変えていく、ことなんでしょう。

まさに「美は細部に宿る」ってやつです。

米兵が最初に叩き込まれる「小さなこと」とは?

世界有数の厳しさを誇る、アメリカの軍隊に入隊した兵士が、始めに叩き込まれることって何か知ってますか?
313342531_cb2f1cc1a8
 

銃の扱い方? 走り方でしょうか? それとも体術でしょうか?

どれも違います。

一番最初に習うのは、なんと「ベッドメイキング」です。 朝起きてすぐやることもベッドメイキング。

まるでホテルのルームキーパーがしたようにシワ一つなく、キッチリ出来るようになるまで何度もやり直しさせられます。

一日の最初に「小さなこと」を完璧にこなす。。。それが日常的に生死に接する兵士にとって、一日をキッチリこなすためのルーティンなんですね。

無気力で自信も無く、何もしたくない人への治療として有効なのは、「靴をしっかり揃えること」だそうです。そんな小さなことでも「キッチリ、完璧に」行うことで、徐々に行動できるようになるそうです。

さてさて。あなたの小さなことって何でしょうか?まずはそこをキッチリこなすと、生活全体も変わるかもしれませんよ!!

この記事のシェアお願いします↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です