T90CHI-3775を使うなら、Leef iBridgeの併用がオススメ!通信料も節約できます。

通勤に、カフェでのドヤ顔用にと、大活躍の超コスパ端末T90CHI-3775ですが、ひとつ大きな問題があります。それは「データがあまり入れられない」ということです。

HDDが64GBしかありません。初期状態で実際に使えるのは、45.4GBですから、ちょっと大きな動画やファイルを入れてしまうと、すぐ一杯になってしまいますし、動作も遅くなっちゃいます。

ブログ更新がメインなので、これで十分っちゃ十分なんですが、より快適な動作を実現するなら、やっぱり容量は開けておきたい。

SDカードか、良いメモリが無いか・・・あ!!手元にありましたよ。Leef iBridgeが。

iPhone、iPad用のUSBメモリ!Leef社 iBridge(アイブリッジ)レビュー。かなり良いブツだった。


 

Leef iBridgeのメリット

iPhone,iPad,PCとのデータ移動に使える

既にこの記事で紹介している、Leef iBridge。ぶっちゃけますと、海外出張行ってないと、あまり使わないんですよねw。

日本はネット環境が整っているので、パソコンとデータやりとりする必要無いですから。

iPhoneで撮影する写真は、大体1ファイル2MBくらいです。Evernoteやその他クラウドサービスに送信しようとすると、結構な容量使ってしまいます。

そこで、T90CHI-3775と使うとデータ通信料を削減するのに役立ちます。僕はIIJ mio 月3GBまでのプランですから、データ容量の節約にかなり気を使います。

iPhoneで撮影した写真とPC間のデータ移動であれば、どちらのLightning、USBとどちらの接続も出来るleef iBridge はまさに理想的なデバイスなんです。iPhone,iPadとのデータやり取りとしても使えますしね。

iPhoneの補助ディスクとして

この他には、iPhoneに容量がなくなった時、補助ディスクとして使うこともできます。

iPhoneに挿したまま、撮った写真を直接保存も可能ですからね!

SDカードなどの既存のメディアでは絶対に出来ない芸当です。

T90CHI-3775との接続に必要なもの

T90CHI-3775には、小さいUSB端子(マイクロUSB)しかありません。そこで、マイクロUSB⇔普通のUSBを変換する「USB変換アダプタ」 が必要です。数百円で買えます。

必要なのは、これだけです。
 

使ってみよう「iPhoneの写真をiBridge経由でPCにコピーする」

iPhoneで写真を撮ったら、Leef iBridgeをiPhoneに接続してデータコピーします。アプリ経由だから、とても簡単です。

   &nbsp
;
 
 

購入したUSB変換アダプタと、Leef iBridgeを取り出します。
 

T90CHI-3775に接続!ちょっとカッコ悪い?気もしますが・・・

leef ibridgeが外付けディスクとして認識されますから、あとはエクスプローラでデータコピー するだけです。とても簡単です。
  

簡単ですね。leef ibridgeは見た目もカッコよく、しかもコンパクトです。T90CHI-3775と合わせて持っても楽々持てます。

<T90CHI関連記事です>

超軽量+安すぎWindows10タブレットPC!僕がT90CHI-3775を買う理由
開封の儀。超安値WindowsタブレットT90CHI-3775をiPadmini2と並べてみた
T90CHI用riseオリジナルケース3点セットレビュー!安い割には結構使えるよ
通勤で使用する神コスパタブレットT90CHI-3775。良かったこと・悪かったことをまとめました。
 

 

この記事のシェアお願いします↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です