通勤にリュックサックは有り?無し?印象をマネジメントする

以前お話した人間の器を決める縦軸・横軸の話に関連することです。

会社員だろうが、自営業だろうが、仕事を上手くいかせるためには、「自分の行動や振る舞いが、人からどう見られるのか?その影響は将来どのように効いてくるのか?」想像することが大切です。

つまり「人からの印象をマネジメントする」ことです。

例を挙げつつ、説明していきます。

通勤にリュックサックは有り?無し?

6年前までは、リュックサックで会社に通っていました。

通勤電車の中でも、資格勉強や本を読みまくっていたためです。

普通の鞄だと手がふさがってしまいますからね。

物がたくさん入って、両手が自由に使えるリュックサックはとても便利だし、これが最高!と思っていました。

404 not found

それが変わったのは異動して、コンサル部門に入ったばかりのときです。

上司にリュックサックを注意されました。

「リュックサックで通勤するのはコンサルじゃない。革製のバッグにしろ。」

僕は「おいおい、何を言うんだ!?そんなのどうでもいいじゃないか。」と思っていました。

自分が良いと思うから」です。

当時の写真 富士山山頂にて。こんなリュックサックしょってました。

20130211 094

色々とコンサルとして仕事をしていくうちに、意味が分かってきました。

コンサルは基本外に出て、お客様と会話してなんぼの商売です。

タダの会話ではありません。「自分の知識や知恵を使って、お客様を指導していく立場」です。お客様にとっての「先生」であり「上の立場」でなくてはいけません。

リュックサックを持ってくるような人を、お客様は尊敬するだろうか?言う事聞く気になれるだろうか・・・?と。

実際、あるテレビ番組で「仕事でリュックサックを使う社長はいないのか」と検証していました。実際、ほとんどいなかったんです。

世間では「リュックサックを使うビジネスマンは印象が悪い」ということに、気づいていなかったんですね。。。

残念なメールが貴方全体の印象を悪くしてしまう

最近、非常に残念なメールを目にすることが増えてきました。

残念なメールとは?見た人が不安になったり、疑問でいっぱいになったり、ネガティブな気持ちになるメールです。

例えば、障害対応や問題となっているプロジェクトの報告メールであれば、

「やったことしか書いてない」

「これからどうするのか?予定も書いてない」

「全然意味が分からない」

あげくの果てには

「上手くいってるのか?問題があるのか?さえも分からない」

というメールです。

本人は一生懸命やっており、忙しく、大変なのでしょうが、離れている僕らには状況が分かりません。

電話すれば良いのですが、偉い人にはそんな時間はありません。

結果、そのような報告を受け取った役員や上司は「何が書いてあるんだ?あいつの報告は全然分かんねぇな・・・」とその人自体の評価を下げてしまうことにつながります。

どちらにとっても、不幸な結果です。

手形不渡りが発生して頭を抱える経営者

送信ボタンを押す前に、文章を読み返して、もう少し「これを読んだ人の気持ち」を想像出来れば・・・。違った結果になるでしょう。

大切なのは、相手の気持ちをシミュレーションできる想像力

2つの例をお話しましたが、どちらにも抜けているのは「相手の気持ちを想像する力」です。

普段からその人の考え方や思考の特徴を知っていれば、「これをしたら相手はどう思うか?」が想像できます。「相手がどうしたら嬉しいか?」考えて行動することで、望ましい気持ちになってもらえる・・・つまり印象をマネジメント出来るはずです。

そしてそれは、会社員のみならず、プライベートでも、自営業でも人生あらゆる局面で使えるんです。

人が嬉しい行動とは?・・・そんなに差はありません。大体みんな同じなんです。この本あたりを読んでみてください。

この記事のシェアお願いします↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です