日本にコーチングをもたらした男が語る、「自分も世界も幸せにする生き方」。榎本 英剛氏

ひさしぶりに講演会に行ってきました。日本にコーチングを初めて持ってきた人、榎本英剛さんです。題して「自分も世界も幸せにする生き方」。なんだかとても哲学的。今日はまじめに、その内容を振り返ってご紹介したいと思います!!

IMG_20151215_180632

榎本英剛さんの略歴

始めに略歴です。

榎本/英剛
「コーチングを日本に紹介した人」
1964年、兵庫県生まれ。一橋大学法学部卒業後、株式会社リクルートに入社。1994年に同社を退職後、米サンフランシスコにあるCalifornia Institute of Integral Studies(CIIS)に留学し、組織開発・変容学で修士号を取得。留学中、The Coaches Training Institute(CTI)にてコーチングを学び、認定資格(CPCC)を取得。2000年にCTIジャパン(現・株式会社ウエイクアップ)を設立し、日本でコーチング・プログラムの提供を開始する。NPO法人トランジション・ジャパン、およびNPO法人セブン・ジェネレーションズを創設。2012年、よく生きる研究所を設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

講演内容の概略

案内にあった講演概略を紹介します。

自分が置かれている状況に関わらず「希望」は選択できる。サラリーマンやコーチ経験、エコビレッジ移住に世界的市民運動の日本法人設立など様々な体験を経て現在に至る榎本氏。政治や経済、自然破壊など多様な問題の中にあって、自分と世界を幸せにする生き方を紹介する。

なーんだか、あんまり良くわかりませんねw

講演の内容を1行で言ってみるよ

僕が感じた講演の内容を一行で言うと、こうです。

自分も世界も幸せにする生き方は「アクティブ・ホープ」を身に付けること!

説明していきます。

アクティブ・ホープとは ?「消えない希望」

アクティブ・ホープというのは、「どういう状況であっても失わない希望」ということで、つまり「他人や外の環境の変化によらず持ち続けられる、自分次第の希望」です。榎本さんの師匠ジョアンナ・メイシーさんが提唱した考えだそうです。

なるほど、そういうものを持っていることが出来れば、どんなことがあっても希望を失わずに生きることが出来そうです。

じゃあ、そのアクティブ・ホープはどうしたら持てるんでしょうか?

アクティブ・ホープを持つためには?「つながりを忘れないこと」

それは「万物と自分とのつながりを忘れないこと」。それがアクティブ・ホープを持つことにつながります。万物、というのは過去から現在に至るまで、自分の周りの人、モノ、環境全てを指します。

ANJ77_ehonwomiru20141115105326-thumb-1000xauto-17967

じゃあそのつながりを忘れないためには?

下記のことを考えて、話し合うワークを行いました。

感謝の気持ちを感じる

自分が生きていて、有り難いと思うことはなんでしょう・・・・?感謝すべきことは沢山あります。妻に感謝、仕事仲間に感謝、自分の健康に感謝・・・・と。

感謝する対象というのは、全て「自分以外の何か」だったんです。

世界に対する痛みを大切にする

世界に起こっていることで、何が痛みを感じるか?ということで、色々出し合いました。社会のこと、育児問題、介護問題・・・色々な痛みがありました。これらも「自分以外の何か」に対するものがほとんど。

「痛みも感謝も、心をオープンにして初めて感じるもの」。 「対象が大事なものだから」、痛みを感じるんだ、というお言葉には確かにそうだ、と同感しました。

感謝と痛み・・・これはどちらも重要と榎本さんは強調していました。なぜなら、その二つが、「自分の存在意義」が分かる道しるべになるからです。存在意義に従って生きれば、幸せにつながってきます。

何に一番感謝を感じていて、どんなことに最も痛みを感じるのか・・・これはつまり、「人の個性」ということですよね。

2012-04-14 1868

自分の存在意義とは?

僕の一番の感謝は、「大好きな人に囲まれて、皆が笑って暮らしていること」、反対に一番の痛みは「世の中に批判がはびこっていて、嫌な気分を味わっている人がいること」でした。

ここから、自分の存在意義が浮かび上がってきます。

「身の回りの人が楽しく生きる手助けをすること」ですね。しっくりきます。

そう思っていたところ、また榎本さんから新たな質問がありました。

その存在意義に沿って生きるなら、最初に出来ることは?

「それでは、存在意義に沿って生きるなら、最初に出来ることは何でしょう?」

・・・・

・・・

・・

答えはパッと頭に浮かびました。

「ブログを書くこと」、でしょう!!

ブログを書くことで、役に立つ情報、喜んでもらえる情報をインターネット経由で、時間や場所を問わず、いつまでも半永久的に無数の人に与えて楽しく生きる手助けが出来るのですから!!

妙に納得している自分がいました。やー・・・やっぱり人と出会うのは最高の勉強になりますね。と満腹感いっぱいで帰ることが出来ました。榎本さん、ありがとうございました!

ちなみに榎本さん、このようなワークショップやイベントを逐次意欲的に開催されています。興味を持たれた方はご覧ください。

<当サイトの人気記事です!>

まだ通勤で消耗してるの?毎日疲れているあなたも、遠距離通勤するべき5つの理由

【僕の黒歴史】会って一週間の経営者に、軟禁されて一晩中ガン詰めされた話。

隅田川の河川敷でホームレスのおじさんに聞いた、知られざるホームレスの真実と闇

小学生向けブラック通信教育バイトから学んだ、楽しく人と会話するための秘訣

幸せと感じる基準は徹底的に低くする。自分がどんだけ恵まれているか、忘れてない?

一か月120時間の残業しながら、TOEIC770点取った勉強法

超軽量+安すぎWindows10タブレットPC!僕がT90CHI-3775を買う理由

なぜやらないの?日本人だからこそ中国語をやるべき3つの理由

この記事のシェアお願いします↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です