貴方は相手にとって上?下?会って5秒で分かる方法。

updown

普段付き合ってる相手でも、その人の本音ってなかなか分からないものです。

時間がかかったり、お酒の力を借りたり・・・相手の本音を知るのは結構大変です。ホントに分からないですよね。

ただ、「相手が自分に対して気を使っているのか、それとも使っていないのか?」くらいは一瞬で分かります。

これ、会社での役職とか、先輩後輩とかは関係無いですよ。あくまでも相手が「精神的に」自分を上に見てるのか?それとも下に見てるのか、というのが分かるんです。

気になる方はご覧ください。

相手が会話でいうのは、「おっ」か?「あっ」か?

どうすれば分かるんでしょうか?

とっても簡単です。

相手が会話を始めた第一声で使うのが、「おっ」か、「あっ」か?というだけです。

例えば、貴方が会社の外で、2人の後輩とたまたま出会ったとしましょう。最初の一言目の言葉に着目です。

IMG_20150930_070213
 

後輩A「あっ!先輩~!この前はご馳走様でした~!」

後輩B「おっ!お疲れっす~~」

・・・結論からいいますと、後輩Aは貴方を精神的に上に見てます。後輩Aにとって、貴方は怖い存在か、尊敬すべき存在か・・・ともかく気を使わなければいけない!と思っている存在です。

一方、後輩Bは逆です。ぶっちゃけ貴方を上には見ていません。少なくても自分と同列の存在・・・もしかすると、ひそかに馬鹿にしているかもしれません。

「嘘だ~!」と思ったでしょう?身の回りの会話を聞いてみてください。

客や上司にペコペコしている部下、奥さんに頭が上がらない旦那さん、先輩にこきつかわれている後輩・・・みんな「あっ」って言ってますから。

なぜこんなことが言えるんでしょうか?

あっ、おっで、心理的が分かる理由

これはボクら祖先の話に及ぶらしいです。
 24664676053_8443b65950

サルの世界では、ボスとその配下という上下関係があります。ボスはその配下に対して「オッ」という声をかけ、部下サルは「アッ」と応答する・・・と言われています。

その名残が残っているんですね。

まとめ

理由はともかく、実際に生きる現代の人間にもこのような習性?が残っているのは確かです。

こんなこと知ってると、普段の人間関係も、「普段は下手に出てるけど、実は上とは思ってないんだね」・・・などなど、本音レベルでの関係性も見えてきて面白いです。

さぁ。。。あなたは声をかけられるのは「あっ」が多いでしょうか?「おっ」が多いでしょうか??

▼うわべだけで無く、本当に好かれる人になりたいなら、この本に書かれていることを実直にやった方が良いです。

この記事のシェアお願いします↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

移住した30代のサラリーマンブロガー。SE/投資家/ドラマー/つけ麺好きです。毎日の気付き/投資/IT情報/お金・時間的に得する情報をお届けします。 ブログは毎月5万人くらい来ます。田舎住まいだけど虫が弱点。あとレバーが食べられない。