転職やだ!移住もしたくないー!って貴方には「異動」しか無い。

スポンサーリンク

もし、会社員であるあなたの人生がつまらないなら、環境を変えるのが一番です。

環境を変えるには、

  1. 退職、転職する
  2. 引っ越しする

がありますが、それぞれリスクもあるし、結構な勇気と労力が必要です。

そこで、第三の選択肢としてオススメしたいのが「異動」という方法です。

PP_4tubanoprezent-thumb-autox1000-12747

僕は会社員になってから、既に6回は異動しました。異動するごとに仕事の内容を変えて「SE」「プリセールス・販促要員」「研修講師」「コンサル」「社内スタッフ」を経験してきました。

そんな僕が話す、「異動も良いですよ。なぜなら、こういうメリットがあるからです」という話。

自分を見つめなおせる

異動希望を出すには、「自分は今まで、こういう事をしてきた」「 希望している部署では、こういうことで貢献できる」ことが話せなくてはいけません。書類だったり、面接だったりが必ずありますからね。

bsMAX98_jidoriharf20140531

これって何かに似てませんか??

そう、就職活動したり、転職する際にやることと同じなんです。

自分のこれまでのキャリアを振り返る機会があります。同じ部門にずっといたのでは、こういう経験は普通できません。

リスクが小さい

異動希望が通って、無事異動できたとしましょう。

それまでと違うメンバーと、違う業務内容が待っています。ただ、会社の始業時間、基本的な業務ルールは変わりません。給料さえも。同じ会社ですからね。。。

転職と大きく違うのがここです。

異動だろうが、転職だろうが、動機としては「人間関係で問題がある」「仕事内容がつまらない」「〇〇な仕事をしたい」くらいでしょう。

その意味では、転職ではなく異動でもそのニーズは満たせます。

異動ならば、給料といった基本の仕組みは変えずに、変えたい内容「だけを」変えることが出来るんです。

お金がかからない

転職も、引っ越しも、お金がかかります。異動は、かかりません。

必要なのは、少しの勇気と手間だけです。

2015-10-03-10-36-05

他者を出し抜く「異なる人脈 」

いま、まさに僕が感じていることなのですが、一つの部門に長くいる人の人脈は少なく、偏っています。

それに比べて、異動してきた僕はスタッフ部門にも、現業部門にも幹部から平社員まで、幅広いコネがあります。よって自分に対応できない問題が起きた時に、そのネットワークを使って調べたり、助けを求めたりできます。

このような人には、上司や周りからも頼りがいが出てきます。

「サイヤ人の超回復」 でビジネス力アップ

異動する、というのは慣れた環境で得た経験を一度ゼロにして、誰も知らない環境の中で、新たな人間関係や序列、新たなルールを一から学びなおすことです。異動を何回も繰り返すと、それも慣れてきます。

つまり「ゼロから人間関係と業務内容を押さえる力が身に着く」ということです。

まるで死にかけて回復すると更に強くなるサイヤ人のように、繰り返すことで業務の吸収力、対応力、そして基礎力がどんどん強くなるのです。超回復とでも言いましょうか。

サイヤ人の超回復を繰り返すことで、ビジネスマンとしての実力を上げることが可能なのです。

デメリットも押さえておこう

もちろんメリットばかりではなく、デメリットもあります。

色々異動を繰り返すと、社内とはいえ履歴には残ります。それを「良く思わない人間もいる」ということです。

具体的に言うと、「偉い人」ですね(笑)

no title

例えば、異動ばかりしている経歴を見て、偉い人は思います。

「こいつは異動ばかりしているな。根気が無いんだろうか?周りと巧くやれないタイプなんだろうか?能力が低いのかも・・・」と。

実際に、何度目かの異動をした時、元の部署の上司に言われたことがあります。

「止めた方が良い。異動ばかりしてるやつは出世しないよ」と。。。。

それは当たってるのかもしれません。

ただ、現在の僕はそう感じていません。異動したばかりで昇進しましたから。その上司の元ではダメだったかもしれませんが・・・

環境はどんどん変えた方が良い

以上、異動のメリットの方が、デメリットよりも多いと思うので、結果として異動ばかりしています(笑)

現在僕がいる海外部門は、ワクワク・ドキドキすることが多いんです。なんせ、行ったこと無い海外ですからね(笑) それに加えて、異動しまくったおかげで、僕しか出来ない事・僕だけのコネがかなりあるので、「勝つ」ことが出来ます。

自分の居心地が良く、良いところが発揮できる環境が見つかった気持ちです。

スポンサーリンク

この記事のシェアはこちら↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です