【中国】日本メディアが決して報道しない、中国人「3つの実態」




一年近く中国にいて気づいたことがあります。帰国してから知り合いに話すと、びっくりされることが結構多かったので記事にします。いずれも普段のニュースでは目にしないものばかりだと思います。
 

意外とカカア天下

 

上海では、という限定なのですが、結婚すると男性側が非常に大変です。まず結婚するには非常に高価な持ち家と、車が必要、という暗黙のルールがあります。まぁ、これは親に援助してもらったりして、クリアできるらしいですが。

 

問題は結婚後です。女性が非常に強い。仕事をしている旦那が、家事・料理も当たり前です。現地の男性新入社員が、「家で料理作らなきゃ!」定時ダッシュで帰るのを何度も切なく目撃していました。まだ仕事あるのに・・・

 

バレンタインも、中国では「男性が女性に」プレゼントする日、になっています。
日本人で本当に良かった。

 

意外と親切

 

地下鉄では、お年寄り・子連れのお母さんなどに席を譲る光景を多く見ました。日本以上に。

あちらでは皆さん「自分だけ良ければ、それで良し」という感じですから、これは意外だったと共に、心温まる場面でした。 
意外とみんな仲良し

 

タクシーの運ちゃんや、乗客同士という赤の他人でも、まるで数年来の付き合いだったように笑って和気藹々と話すことが出来ます。これは日本人からすると衝撃でした。

 

国土も人口も桁違いに大きい国だからなのか、歴史的な問題なのか・・・

以上です。

何事も現地に行かないと分からないもんだ。。。
 

 

気に入ったらシェアお願いします↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

移住した30代のサラリーマンブロガー。SE/投資家/ドラマー/つけ麺好きです。毎日の気付き/投資/IT情報/お金・時間的に得する情報をお届けします。 ブログは毎月5万人くらい来ます。田舎住まいだけど虫が弱点。あとレバーが食べられない。