【千葉県いすみ市】ハワイアン干物ショッピング!?海の直売所

以前ご紹介した大原漁港の朝市の近くに、良いお土産屋さんを見つけたので紹介します。

美味しい干物が劇的に安く買える、海の直売所さんです!朝市に行っただけでは、まず気付かない場所にありますので、穴場です。

干物屋さんらしくない、ハワイアンな感じでとてもキレイな店舗ですし、お茶やお菓子なども出してくれて休憩できますから、朝市に来た際は、行ってみるのがオススメですよ!

海の直売所のアクセス

大原漁港から徒歩圏内にあります。

年中無休で、営業時間は9:00~17:00です。

▼地図(海の直売所HPより)

 

住所:〒298-0003 千葉県いすみ市深堀1885-9

▼Googleマップはこちら

アクセス詳細は以下参照です。

★お車でお越しの方

国道128号、大原交差点を漁港方面へ。一つ目の信号を直進、次の十字路を左折、突き当たり手前左手が直売所です。

★電車でお越しの方

  • 外房線(特急わかしお)−大原駅下車 (東京発:約80分)
  • 総武線快速−外房線(千葉駅)−大原駅下車 (東京発:約120分)

列車運行状況などJRのホームページはこちら

大原駅を出て直進、一つ目の信号を右へ。いすみ市役所入り口交差点を右へ。その後信号2つ直進、次の十字路を左折、突き当たり手前左手が直売所です。大原駅より徒歩約20分。

海の直売所の店前

それでは、上の情報を頼りにして、海の直売所に行ってみましょう。

▼お店前の道路。だだっ広い感じです。ほとんど人通り、車通りも無いので、あまり知られてないみたい。。。赤地に白抜き文字で、海の直売所の旗が配置されてますので、これを目印にして頂ければ!
  

▼お店の外観。ログハウスとなっていて、カフェか?と思わせるような外観です。ぱっと見た目干物屋さんにはとても思えません(笑)

 

▼お店前にある看板。手書きで良い感じですね!

それでは、お店に入ってみます。

 

海の直売所の店内の様子

▼お店の中に入りました。すっごくキレイです。魚臭さは全くなく、ヒノキの良い匂いと、ハワイアンミュージックが流れています。店員さんもみんなアロハ着てて、元気に対応してくださいます。
  

 

▼購入した方は、このテーブルでお茶と、店内で販売しているお菓子を頂けます。

 

▼取材や有名人も来てるみたいですねぇ。。。暴れん坊将軍も来たらしい。まさか、海岸を馬に乗って走るオープニングをここで撮影したのか・・・!?(違うみたいです)

 

▼伊勢海老のはく製・・・?
  
 

海の直売所の商品

では、海の直売所で買える商品を見ていきましょう。干物がメインですが、地だこせんべいや玉ねぎスナックなど、他では見れない美味しいお菓子もあったりして、飽きません。

▼銀鮭の切り落とし1kg。638円と驚きの安さです!ネットで買うなら、2000円くらいしちゃいますよ。。。程よい塩気が付いており、細切れになってて食べやすいサイズなので、リピートしてます。

 

▼干物1。150円、200円・・・安っ。。。

 

▼干物2。金目鯛でも税別500円って。さば3枚が税別200円って。。。このお店、大丈夫か?と思うレベルです。訳あり干物も購買欲をそそられますね!
 

 

▼玉ねぎスナック(税別295円)と地だこせんべい(税別450円)。玉ねぎスナックがお気に入り。試食も出来ますよ。

 

▼とろろめかぶや、ひじきもありますよ。海のもの勢ぞろいですね。

 

▼港の朝市限定の、保冷バッグも付いてます。税別300円。シンプルで使いやすいと評判です。
 
 

▼購入して、一息。麦茶と地だこせんべいを出していただきました。

 

まとめ

以上、大原漁港の朝市に行くなら、ついでにぜひ行ってほしいお店 海の直売所さんでした。

美味しい干物なら、お土産にも喜ばれます。安くて、その場で宅配便での注文も出来ますから、お気軽にどうぞ~。

この記事のシェアお願いします↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

移住した30代のサラリーマンブロガー。SE/投資家/ドラマー/つけ麺好きです。毎日の気付き/投資/IT情報/お金・時間的に得する情報をお届けします。 ブログは毎月5万人くらい来ます。田舎住まいだけど虫が弱点。あとレバーが食べられない。