【財布】ココマイスターはオススメ。安い・高品質・マイナーな国産財布

ブランド財布で一般で有名な物といえば、ルイ・ヴィトン、グッチ、コーチなどでしょうか?どれも外国ブランドですね。もっと安くて高品質、しかも日本製のところ、知っていますよ。

結構知らない人も多い、マイナーなブランドです。

ゆうげん

今回は、日本製の高品質革製品ブランド、「ココマイスター」について紹介します!

ココマイスターとは?

ココマイスター」とは、日本の熟練職人が一品一品作るブランドで、購入者の9割以上が満足、という満足度の高さから、ひそかに人気のブランドです。

完全に職人の手仕事のため、品切れが多いです。不定期に限定で販売されて、すぐ売り切れになってしまいます。(待っている人のため、販売開始前にメールで連絡をもらうようにも出来ます)

ココマイスターで高級財布を買う理由

年収は財布の値段の200倍になる、という説があります。

年収は、なぜ「使う財布の値段」の200倍になるか?:PRESIDENT Online – プレジデント 

 

数字はどうあれ、僕も実体験として正しいと考えています。

お金持ちで安い財布の人はいません。身の回りのお金持ちは、全てが財布にはお金をかけ、大事にしています。

ただ高いだけじゃダメで、持っているだけで自分が気持ちよくなって、お金を大事に扱いたくなるような財布。。。それが理想です。

ボクにとって、そんな財布と出会えるのがココマイスターでした。

2015年1月に財布を新調しました。

ココマイスターで買った財布

今回ボクが買った「ココマイスター」の財布はこちらです!

wallet

「クリスペルカーフ カシウスウォレット」という製品です。

クリスペルカーフという、希少な子牛の皮で作られています。店頭で触ってその肌触りの滑らかさに一発でした。

ココマイスターの中でも最高級に高いものでして、税込み63,000円です。

先ほどの理論に合わせて200倍にすると、年収1200万か。。。そうなるよう頑張ります!

※もっと安いのもありますからご心配なく。

このように身の丈より高い物を持つと、自分の変化も起こりました。

具体的にはよりお金を大事にするようになりましたね。お札の向きをそろえて入れたり、折らないようになったり。

浪費も避けるようになりました。お金に対する自分の意識が変わったのは確かです。

ココマイスターの財布を買ってから7か月後の変化

買った当初から、毎日カバンの中に入れていますが、特に目立った傷も無く、快適に使えています。

細かい傷はありますが、それも味になるでしょう。

▼買った日の写真
2015-10-01-19-08-35

▼7か月後の写真

2015-10-01-19-09-07

色々ルールはあるが、要はお金への意識の問題

色々お金の扱い方、ルールが出回ってます。お札は諭吉の頭が財布の下を向くように入れるだの、レシートは一緒にしないだの、逆に諭吉は財布の上に向けるだの。

これまでお会いした方では、毎日小銭を洗ったり、財布を満月に一晩中当てる、という人もいました。

どちらも正しいんでしょう。

大事なのは、お金をどのように自分の中で考えているか?です。

こういう扱い方を通して、「自分はお金に対してこういう気持ちなんだ」と宣言しているようなもんです。

プレゼントにも喜ばれますよ。梱包もしっかりしていて修理も無償でやってくれるので、貰うと100%喜んでもらえます。

日本製ハイエンド革製品ブランド – ココマイスター『COCOMEISTER』  

この記事のシェアお願いします↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

移住した30代のサラリーマンブロガー。SE/投資家/ドラマー/つけ麺好きです。毎日の気付き/投資/IT情報/お金・時間的に得する情報をお届けします。 ブログは毎月5万人くらい来ます。田舎住まいだけど虫が弱点。あとレバーが食べられない。