【茂原】武家屋敷のソバ屋「蕎麦奉行」で優雅な休日を過ごしてみた

スポンサーリンク

こんにちは。麺好きのゆうげん(@1funkiduki)です!

普段はラーメンばかり食べているボクですが、たまにはソバでも食べに行きましょう。

近くに美味しいソバ屋を見つけたので紹介します。千葉県茂原市にある、「蕎麦奉行」さんです。

名前からして大丈夫か?みたいな感じですが、大丈夫です。

武家屋敷みたいな落ち着いた古民家でゆっくり食べることが出来、優雅な休日には持って来いのお店ですよ!

それでは行ってみましょう!

蕎麦奉行へのアクセス

▼蕎麦奉行さんは茂原駅前から南へ徒歩30分ほど?車で5分くらい行ったところにあります。
広い道路沿いにありますが、看板が目立ちにくい感じなので、写真を参考にしてくださいね。
店前の様子

駐車場も広めにとってあり、10台以上止められます。

▼食べログ店地図はこちら

関連ランキング:そば(蕎麦) | 茂原駅

蕎麦奉行の店前

▼御覧のように、武家屋敷みたいな古民家です。雰囲気出てますね。
蕎麦奉行の外観

▼入口。お店のシンボルでしょうか?キモカワいいキャラがお出迎えです。
蕎麦奉行の入り口

店前に行ってみましょう。

蕎麦奉行の店内

▼入って一言。「広い!!」木の温かみを感じる作りです。懐かしい感じですね。
蕎麦奉行の玄関

▼靴はロッカーに預けて、靴下or裸足で入ります。
下駄箱

▼カウンター前。売店機能もあり、蕎麦で出来たこんぺいとうや、蕎麦ふりかけなど、試食も出来るお土産商品がそろっています。
蕎麦奉行の商品

▼少し入ると、窓から日本庭園が。コイもすいすい泳いでます。
蕎麦奉行の庭園

▼手前の座敷に通されました。禁煙・喫煙で分けられています。嬉しいですね。
蕎麦奉行の座敷

▼天井も高い。
蕎麦奉行の天井

▼温かいそば茶が出されます。美味しくて落ち着く。

▼卓上の調味料。ボタンで店員さんを呼ぶ形式ですね。
蕎麦奉行の卓上調味料

▼この箱は何だろう。開けると・・・
蕎麦奉行の箱

▼割りばし入れでした。凝ってるなー!
蕎麦奉行の割りばし入れ

蕎麦奉行のメニュー

▼メニュー。例のマスコットが登場しています。おすすめもありますね。
蕎麦奉行のメニュー

蕎麦奉行のメニュー1 蕎麦奉行のメニュー2

今回は「車海老と野菜天そば」「新玉ねぎそば」と、ネット上で美味しいと評判だった「自慢の冷ややっこ」を発注です!

量が少ないかも?と心配だったので大盛(+220円)で注文しました。

蕎麦奉行のソバ

▼まず、自慢の冷ややっこが来ました。へーこんな感じで来る冷ややっこは初めてです。手作りな感じがしますね。
冷ややっこ

▼冷ややっこアップ。大豆の香りがふわっとして、自然な甘味を感じることが出来ます。美味しい豆腐です!醤油つけないでそのまま食べてみても全然美味しいです。
冷ややっこアップ

▼そして・・・来ました。そば大盛。そばの器がデカい!!大盛だからかな?天つゆには大根おろしとレモンが付いてます。
蕎麦大盛

▼車海老と野菜天ぷらのアップ。3本の車海老と、ナス、さつまいも、シイタケ、ズッキーニでした。ズッキーニの天ぷらって珍しくない?
車海老と野菜天ぷら

▼そばアップ。そのまま食べてみましたが、コシもあり美味しいおソバでした。
蕎麦奉行のソバアップ

▼こちらは新玉ねぎそば大盛。人参、ズッキーニに加えて、熱々の新玉ねぎの天ぷらがごろっと入ってます。
新玉ねぎ天そば

▼美味しかった。天ぷらもあったから、大盛だとかなりお腹いっぱいでした。普通盛りでも十分そうです。
空の容器

▼お勘定はこんな感じ。二人で3,870円です。この辺のランチでは、ちょっと高めですが、場所代も入ってると思えば、納得できるお値段かなと。
蕎麦奉行のレシート

まとめ

ということで、今回は茂原のソバ屋「蕎麦奉行」さんでした。

実家の両親など年配の方がいるときにはオススメですね。広くて庭もキレイで、優雅な休日が過ごせますよ!

スポンサーリンク

この記事のシェアはこちら↓

ABOUTこの記事をかいた人

千葉県房総半島へ移住し通勤4時間超えのIT企業から、地方の超絶ホワイト企業に転職した30代のサラリーマンブロガー。毎日の気付き/IT情報/お金・時間的に得する情報をお届けします。ブログは毎月5万回くらい見られてます。田舎住みだけど虫が弱点。あとレバーが食べれない。