ドルチェグストカプセルが安い「カプセル定期お届け便」!貴方はどのコースがお得?についてまとめたよ

image

お家で簡単に本格コーヒーが出来る、ネスカフェドルチェグスト。

①水入れて、②様々な味(17種類@2016年12月)の種類のカプセル入れて、③スイッチオン!すれば自動的に美味しいコーヒーが出来ちゃう機械です。相変わらず愛用しています。

この記事でも紹介してます。

ホントにご機嫌なマシンなのですが、一つ問題が。

本体がちょっと高いんです。5千円~1万円くらい。で、カプセルも地味に高い。

カプセル16個入りで、1000円近くしますから。一杯あたり約50円かかるんですよね。

▼スーパーでも売ってて探しましたが、安売りはしてません。税抜き848円(税込み916円)です。 IMG_20161209_192947

「なんとか本体もカプセルも、安く買うことは出来ないものか・・・?」

という人に対してもっと安く買う方法として、ネスカフェが行っている、カプセル定期お届け便というものがあります。



「具体的に、どういう人ならお得なんだろう?」って思いますよね!

そこで今回は理系のボクらしく、コスト計算をして、どのコースがどんな得をするのか?計算・考察してみました。

カプセル定期お届け便とは?

まず、カプセル定期お届け便とはどういうシステムなんでしょうか?一言で言うと、カプセル定期お届け便とは、「定期的に一定量のカプセルを購入する代わりに、最大10%安くカプセルを買える方法」です。

メリットとデメリットをお伝えします。時間の無い人は、デメリットだけでも。

カプセル定期お届け便のメリット

  • あまり値引きしていないカプセルが、安く買える(最大10%)
  • 組み合わせも毎月自由に変えられるので、長く楽しめる
  • ドルチェグスト本体が、無料になる
  • その都度注文しなくてよい(自動注文)
  • マシン本体の無料修理期間が5年に延長される(普通は2年)

カプセル定期お届け便のデメリット

  • 定期的に買う量が多め(10%引きのためには、1回の注文で6箱(コーヒー96杯分)
  • 60箱買わないと、本体が無料にならない(途中解約は7,800円が必要)

この通り、毎月17種類以上ものカプセル(味)の中から、好きな物を選んで購入することが出来ます。

▼カプセル一覧。

image

  • マグサイズ
        ①オリジナルブレンド
        ②モカブレンド
        ③リッチブレンド
        ④カフェオレ
  • こだわりブラック
        ⑤レギュラーブレンド(ルンゴ)
        ⑥ローストブレンド(ルンゴインテンソ)
        ⑦エスプレッソ
        ⑧エスプレッソ インテンソ
        ⑨アイスコーヒーブレンド
        ⑩レギュラーブレンドカフェインレス
  • バラエティ
        ⑪宇治抹茶
        ⑫カプチーノ
        ⑬ラテ マキアート
        ⑭チョコチーノ
        ⑮ティーラテ
        ⑯宇治抹茶ラテ
        ⑰ソイラテ

です。⑪の「宇治抹茶」は、2017年2月現在、テレビCMされていますね。

↓に記事も書きました。
参考:自宅で10秒本格抹茶。ドルチェグスト「宇治抹茶」を飲んでみた。
 

この中でも特にオススメは、③のリッチブレンドと、④のカフェオレです。たっぷりサイズですし。特にカフェオレのミルク感には驚くはず。。。!これが1杯50円とは・・・!

加えてなんと!カプセル定期お届け便なら、本体も無料になっちゃいます!が、無料にするためには60箱を購入しないといけません。それ以前に途中解約する場合は、7,800円が必要です。世の中そんなに甘くないんですね。。。

選べる購入コースとしては、

  1. 1か月に4個お届けコース
  2. 2か月に4個お届けコース
  3. 1か月に6個お届けコース
  4. 2か月に6個お届けコース

の4つのコースがあります。

image

4個だと5%引きで、6個買うと10%引きになります。

計算しました

さて、そんなカプセル定期便の4つのコースについて、計算してみました。

前提

まず、計算に関しては以下の前提を決めました。

  • 買うカプセルは、全て最安(定価924円)の1箱16杯に統一して計算
  • 一か月=30日として計算

とまぁ、メンドクサイことは置いといて、結論行きましょう!

結論

各コースそれぞれの場合について、

  • 一回の注文金額
  • 1ヶ月あたりのコスト
  • 1日当たり飲む必要がある量

を計算しました。

最終結果まとめは↓になりました。

image

出てきた結論をまとめます。

カプセル定期便は、1日1杯以上、「自宅で」飲む世帯向けのサービス。

まず、カプセル定期便を使うべき人は、「最低でも」1日1杯以上、自宅でドルチェグストを使って飲む人」です。

1日1杯以上飲めないと、せっかく安く購入したカプセルが余ってしまい、結局お得なサービスとは言えなくなってしまいます。子供なしで共働きなど、家でコーヒー飲む習慣がない人は、カプセル余っちゃう可能性もあります。

※どうしても飲みきれない場合、次回配達を遅らせたりお休み(スキップ)することも出来ます。

味は17種類もありますから、飽きることも少ないでしょう。宇治抹茶、ティーラテ、宇治抹茶ラテ、チョコチーノとか、コーヒー以外の飲み物も作れますしね。

コース別オススメタイプ

飲み切った上で最も安いプランは?という観点で考えた場合、1日にどれくらい、ドルチェグストを使ってコーヒー・お茶を飲むか?で分類できます。

1か月コストが安い順に書いていきますね。

コスト一番安上がり!「2か月に4箱コース」

「一番気になるのは、やっぱり、お金よね」っていう人はこのコース。

4つのコースの中で1か月あたりのコストが1,754円と、最安です。一日当たり1.1杯以上飲む方なら、問題ないでしょう。

「1.1杯?それだけ?」って思うかもしれませんが、これ、毎日1.1杯以上飲むってことですからね。飲まない日があったら、その次の日は2杯飲むってことですからね!?旅行で数日家を空けちゃったら、結構飲む必要ありますし。。。

どのくらい飲むかわからないから、お試しでやってみよう・・・という方はこちらのコースが良いでしょう。足りないなら、途中でコースを買えればOKです。

ただ、30か月使わないと、解約すると本体7,800円を支払わなきゃいけませんので、ご注意を!

バラエティを楽しみたいなら、「2か月に6箱コース」

「そんなに自宅では飲まないけど、色んな味を楽しみたい!」って方はこのコース。

6箱全て違う味のカプセルにすれば、「朝はコーヒー。午後は抹茶にしようっと♪」と、毎日のドルチェグストライフがより楽しくなるでしょう。

好きな味が出来たら6箱を同じ味にしてひたすら飲む!でも良いですし。

6箱だからカプセルも割引10%引きになり、財布にも優しいコースとなります。

好きな味が決まってきたら「1か月に4箱コース」

1日2~3杯飲むし、好きな味も大体決まってるなら、このコース。

とはいえ、会社勤めの独身世帯では、カプセル消費するのはきついかもしれません。2人以上の世帯や、お客さん多いご家庭なら良いですね!

本格的な味だし、バリエーションもあるので、お客さんも喜びますよ。

とにかくドルチェグスト大好きなら「1か月に6箱コース」

「もう何も言わん!とにかくドルチェグスト飲みまくりだ!」という方は間違いなくこのコース。

1日当たり3~4杯飲む必要があります。まぁ、夜中まで勉強する学生さんを持つ家庭なら、余裕で消化できる量でしょうね。まだまだ足りねぇ!もっとカプセルを!という方は、1度の注文を6箱以上にすることも可能みたいです。

※【繰り返し注意】次回配達を遅らせたりお休み(スキップ)することも出来ますから、安心してください。

まとめ

以上、ネスカフェドルチェグストのカプセル定期お届け便について、コース別に分析してみました。

ちなみに今回は1箱=16杯として計算しましたが、ラテ系は2カプセル使って1杯を作るので、1箱=8杯となります。こういうカプセルを買うと、飲む量は1/2になるので、計算したようなノルマ?は大分減ります。が、その分1杯作るのに2カプセル使うので、ボクみたいな面倒くさがり屋さんにはオススメしません(笑)

繰り返しますが、配達日の融通も利くので、あまりリスクが無い、良いサービスと言えます。

デメリットとして、カプセルが余らないように注意が必要ですが、美味しいし使うように心がけていれば、そんなに大変な量ではないはずです。

お得にコーヒーライフを過ごせると良いですね!

ネスカフェ ドルチェ グスト/ネスレ



この記事のシェアお願いします↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です