Windowsタブレットのディスプレイをタッチパッドにする「Tablet Pro」。T90CHI-3775使いは全員使うべき!

8

全国の格安コスパWindows10タブレット好きの皆さんこんにちは。T90CHI-3775を使用しているボクです。

このT90CHI-3775は素晴らしい端末なのですが、惜しい点として、「タッチパッド」が無いということが欠点でした。ほとんどキーボード接続して使うので、マウスやタッチパッドが無いと困るんですよねぇ。。。小型で軽量なWindows10タブレットをお持ちの方なら共通の悩みなんじゃないでしょうか。。。

そんなみなさんに、無料でこの問題を完全に解決できるソフト、「Tablet Pro」を全力で紹介します!これがあれば、本当に快適なタブレットPCになりますよ!!

Tablet Proとは?

昔、「TouchMousePointer」と呼ばれていたソフト。現在はタブレットPCに関する様々なソフトを集めた「Tablet Pro」に統合されています。Windowsストアで無料でダウンロードできます。
 
1
 

Tablet Pro はデスクトップアプリ,ストアアプリ,ユニバーサルアプリ向けのタブレットPCのツールです。 このアプリからデスクトップコンポーネントをダウンロードし、アクティベーションができます。 このアプリでレイアウト編集ができます。 

Tablet Proが必要な理由

普通、タブレットはタッチディスプレイに対応しています。マウスの代わりに指を使うんですが、このままだと結構細かいところをクリックしたり、ドラッグ&ドロップする、などの作業がしづらいんですよね。細かい作業にはマウスが必要になってしまいます。

この「Tablet Pro」があれば、タッチディスプレイをマウスに出来ますから、細かい作業のときはマウスパッドとして使えて、今までのタブレットPCでは出来なかったことが可能です。というか、Tablet Proを導入することで、「タブレットPCが完全にパソコンの代わりに出来る!」、と言っても過言では無いでしょう!!

Tablet Proの良いところ

タッチディスプレイでマウス操作できる

タッチマウスディスプレイでマウス操作できます。ちょっとイメージ沸かないですね?

「タブレットの画面全体を、マウスパッドとして使える」ってことです。

使用イメージを見てみましょう。

Tablet Proでは、マウスパッドの形式は大きく4タイプが選択できます。

画面上にマウスパッドを表示させるパターン「フロート」。これが一番マウスパッドっぽいですね。
9-2

右側に表示させるパターン「サイド(右)」。使いやすくなりますが、その分表示画面が横狭くなってしまいます。
10-2

右クリックだけでなくコピー、ペーストなども1ボタンで出来るパターン「アーティストパッド」。
11-2

全画面に表示させるパターン「フルスクリーン」です。
12

右クリックも長押しして話せば出来ます。(詳細は設定可能です)
13

僕はフルスクリーンが一番のお気に入り。タブレットの画面全体がマウスパッドになるから、とても快適です。

切り替えも簡単

「タッチディスプレイ」、「マウスパッド」どちらの作業も簡単に切り替えが可能です。

右側にマウスのアイコンが見えますね。これを押せば、ディスプレイ全体がマウスパッドになっちゃうんです!もう一回タップすれば、オフになって、またタブレット操作に戻せます。とても簡単です。
 2-2

カスタマイズが豊富

カスタマイズも細かく可能で、右クリックはどうする?とかホイールは?とかが可能です。詳しくは触ってみてください。

どの指で何度タップしたら、どういう動作にするか?も設定できるし
5

ポインターのグラフィックも細かく変えることが出来ます。ソナーとかカッコいいですね!
6

タスクバーのアイコンに至るまで、細かく設定出来ちゃいます!
7

 

まとめ

ということで、Tablet Proをご紹介しました。上でも見て分かったと思います。初めてでも分かりやすい操作。とても洗練されたインタフェースです。それが無料!!

無料なんです!!

いやぁ~久しぶりにマニュアル見ないで、直感的に操作できるソフトに出会えた、と感動しました。ぜひ使ってみてください!

※ちなみに、当ブログでオススメしているタブレットは、T90CHI-3775紹介記事です。4か月以上使ってますが、やはり良いです。 

この記事のシェアお願いします↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です