【宅麺】琴平荘(こんぴらそう)中華そば(あっさり)レビュー。あっさりなのに大盛で大満足!

有名ラーメン店通販、宅麺の商品レビューです。

「え?宅麺って何?」という方は宅麺の紹介記事へどうぞ。

人気ラーメンお取り寄せ「宅麺」を利用してみた!注文~実食~レビュー。自宅のラーメンが確実に変わるぞ!

2017.01.07

今回は琴平荘(こんぴらそう)さんの中華そば(あっさり)です。

普段は二郎系だったりこってり系のラーメンを好んで食べるボクも納得の味でした!

琴平荘(こんぴらそう)中華そば(あっさり)とは?

まずは、宅麺の紹介文 から。

冬季のみ販売される幻の中華そばを求め、週末になると昼のみの営業で一日500人が訪れるという、山形県鶴岡市にある旅館「琴平荘」。上質な淡麗醤油スープ、自家製ちぢれ麺、国産チャーシューと拘りメンマが芸術的なハーモニーを奏でる。

宅麺の紹介文 より

山形の僻地にあるラーメン屋さんなんですね。まったく知りませんでした。山形にラーメンを食べに行く気合とお金は・・・無いですよね(笑)

が、わざわざこのラーメンを食べるために東京からツアーが組まれるほどとか。

宅麺で購入した場合、1食税抜840円です。まさに宅麺が無ければ食べることが無かったラーメンだと思います。2017年1月現在、「醤油ラーメン」ランキングで1位です。

琴平荘(こんぴらそう)中華そば(あっさり)を調理する

作り方は、買うと一緒についてくるマニュアルを見てほしいんですが、ざっくりいうと

  1. 鍋でスープをゆでる(10分)
  2. 鍋で麺をゆでる(3分くらい)
  3. 具材(チャーシュー、メンマ)をゆでる(3分くらい)
  4. 1~3.をお椀によそう
  5. 完成

と、簡単です。麺もスープも店で作ったものを冷凍したものが届くので、少し時間がかかります。

▼ゆでる風景。スープ・具材用と麺用で鍋を2つ使います。写真は薄目の鍋使ってますが、深めの鍋が良いですね。
IMG_20170114_115845

 

▼やっぱりラーメンにはネギとノリでしょう!ということでこれは自前で準備します。チャーシューとメンマも。チャーシューは1人前でも2枚くらい入ってます。
IMG_20170114_115850

もちろん、お湯でお椀は温めておきますよ!

琴平荘(こんぴらそう)中華そば(あっさり)を実食した

10分後、出来上がりました!

▼美味そうです。1人前の量が結構多くて、大きめのお椀がタプタプです。ネギもノリもマシマシです。
IMG_20170114_121313

さっそく一口。。。。

うーん!醤油ラーメン久々に食べたけど、美味しい!アッサリしているんだけど味が薄いわけじゃなくて、コク、ダシが凄く効いていて、いつまでも飲むことができます。ジョッキで飲みたいくらいです!

麺もちぢれ麺で、スープに良く合います。メンマは細くて食べやすいタイプでした。チャーシューはしっかりと味を感じる好きなタイプで2枚以上ありました。(写真無くてスミマセン)

嫁と「うまいうまい」言いながら、あっという間に完食。あっさりで量も少な目かと思いましたが、麺も量があってお腹いっぱいになりました。

確認すると、1人前で麺が210グラムも入ってるんですね。一般的なラーメンだと120~150グラムくらいですから、かなり多めでしょう。

スープも珍しく飲み干しました。おかげで凄く体が温まりました!

まとめ

ということで、宅麺で琴平荘(こんぴらそう)中華そば(あっさり)を食べてみました。

普段二郎系とか大盛つけ麺とか食べませんけど、醤油ラーメンも美味しいですね。

醤油ラーメンって一番メジャーなラーメンジャンルですから、逆にその中で有名になれるって凄いなぁ・・・。

琴平荘(こんぴらそう) 中華そば(あっさり)

この記事のシェアお願いします↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

移住した30代のサラリーマンブロガー。SE/投資家/ドラマー/つけ麺好きです。毎日の気付き/投資/IT情報/お金・時間的に得する情報をお届けします。 ブログは毎月5万人くらい来ます。田舎住まいだけど虫が弱点。あとレバーが食べられない。