【無料】「UiPath」で個人でもRPA(PC作業自動化)導入できる!

見上げるダンボー

先日は、めんどうな単純PC作業を自動化できる、RPAについてざっくりとまとめました。

関連記事:RPA(単純PC作業を自動化する方法)を分かりやすく説明。全労働者は震撼せよ。

今日はこの続きです。

これを見て「いいなぁ」「使ってみたいなぁ」と思った方も多いんじゃないでしょうか。でもRPAのソフトは個人では導入できないほど高いです。

  • Automation Anyware ⇨ 年間1000万円〜
  • BluePrism ⇨ 年間600万円〜

比較的安い日本製のRPAソフト「WinActor」でも、フル機能版は年間90万円です。

逆に言うと、これだけの価格でも企業は買うんですよね。。。

個人ではRPAソフト使えないんでしょうか?金ですか?結局世の中お金なんですか?

違います。無料で使えるソフトがあるんです。しかも世界トップシェアの。

ということで、今回はコスパマニアのボクが色々と探しまくって見つけた、無料で使えるRPAソフト「UiPath」を紹介します!

UiPathとは?

UiPathはアメリカ発RPAトップシェアの有名ベンダーです。

見てきたように、UiPathも有料のRPAツールですが、「個人」「中小企業」「学術機関」「非営利団体」であれば無料使用できるものがあるんですよ!

Community Editionってやつです。

「年商約1億円以下もしくは、端末台数250台以下の事業者」ってことは、結構な数の中小企業が使えるんじゃないでしょうか?

太っ腹ですねぇ!!

UiPathのメリット

Eラーニングページが充実している

無料で使うことができても、肝心のRPAソフトの使い方が分からないのでは困ります。

RPAソフトの使い方について、まだまだ詳しく説明してくれるサイトも少ないです。

でもUiPathなら大丈夫。

公式で「UiPath アカデミー」という日本語で動画付のEラーニングサイトも持っているからです。テストも付いてます。ボクもこれを使って勉強中です。

実機を使った動画もあって、しかも日本語音声/字幕で話してくれるので、ありがたいです。

ただ最初の概要を説明する章がいきなり難しく、動画の量が多いので、挫折してしまいそうになります。。。適当にやって進みましょう。

次の章から面白くなってきます。

UiPath02

日本語化もされそう 

UiPathのソフト自体はまだ英語ですが、日本支社も2017年2月にでき、日本語化されるのもおそらく秒読みと考えています。

なんといってもCEO(最高経営責任者) が長谷川康一さんという日本人の方ですからね。

国内のSIベンダー(ITシステムを構築する会社たち)のNRIやNTTデータも、UiPathの導入支援サービスを立ち上げており、安心感もあります。

UiPathの無料での導入方法

UiPathの導入方法はとっても簡単。

公式ページから個人「Community Edition」をダウンロードするだけです。

詳しくは以下のページが分かりやすくのっています。

外部リンク:【UiPath/ユーアイパス】無料版のダウンロードからインストール方法まで

UiPathで作ったものと効果

で、まずはアウトプット!ってことでとりあえず、一つ作ってみました。

毎日、本当に面倒くさかったアフィリ成果の確認を自動で出来るようにしたんです。

  1. アフィリエイト業者各社のページにログイン
  2. 昨日の成果・発生金額をコピーして保持
  3. 全サイトを確認したら、結果を出力

という単純な作業ですから、自動化に向いてるんですよ。

手でやってたら5分くらいで終わる作業でしたが、1クリックで1分で終わるようになりました。おかげで朝の時間が有効活用できそうです。

といっても、まだ慣れないので数時間かかっちゃってますが。。。(笑) 慣れれば似たようなタスクに応用できるはずです。

  • 報告書作成
  • 家計データの取得と記入

アイデア次第でなんか色々効率化できそうですねぇ!

こういうの好きそうな人は、勉強してみる価値はありですよ!!

UiPath まとめ 

ということで、個人なら無料で使えるRPAソフト、UiPathをサクッとご紹介しました。

ぜひ、RPAでつまらない時間を削って、もっと人生いろいろ楽しめるようになりましょう^^

見上げるダンボー

この記事のシェアお願いします↓

ABOUTこの記事をかいた人

移住した30代のサラリーマンブロガー。SE/投資家/ドラマー/つけ麺好きです。毎日の気付き/投資/IT情報/お金・時間的に得する情報をお届けします。 ブログは毎月5万人くらい来ます。田舎住まいだけど虫が弱点。あとレバーが食べられない。