iPhone6からiPhone8を使って実感した、変化まとめ

スポンサーリンク

iPhone6から先月発売されたiPhone8にしてみました。アップルストアでSIMフリーモデル、予約開始と同時に申し込み、発売当日に届きました。あっさり手に入れられました。

ゴールド256GB、AppleCare込みで12万越えの、なかなかの買い物です。

流石に昔ほどの驚きと興奮はないけれど、テンションは上がりますね。

ということで、iPhone6から乗りかえて感じた点をまとめていきます。果たして12万の価値はあったんでしょうか?

同じような買い替えを考えてる方の参考になれば幸いです。

動作が軽くなった

動作が明らかに軽くなりました。もうサックサク。

6から導入された指紋認証も、体感では2倍くらい早くなって快適です。

絵が綺麗になった

表示される画像がめっちゃ綺麗になった気がします。

周辺の明かりに合わせて、画面が見やすいように自動で調節してくれるようになりました。外でも見やすい。

通信速くなった

同じIIJmioのSIMを使っていますが、速くなった気がします。

また、無線LANの電波も受け取りやすくなりました。

今まで、家のトイレの中では無線LAN繋がらなかったのが、余裕で繋がるようになりましたからね。

濡れることを気にしなくなった

iPhone8は防水です。なので雨が降った時や手を洗った後でも気にせず触れます。これは快適です!

▼Youtuberのヒカキンさんは、風呂に落としてもiPhone8動いてる動画を公開してます。

こんだけやっても大丈夫なんで、ちょっとぐらい濡れるなら、全然問題ないっしょ!

が、良いことばかりではありません。続いて、悪かったことについてまとめます。

電池持ちは悪い

電池持ちは若干悪くなっています。バッテリー容量も何気にiPhone7から小さくなった、というレポートもありますし。

前述の通り、明るい外で見ようとすると自動で明るさ最大にしてくれるので、その分電池も使っちゃうんですよね。

ただ、充電できる環境で使うのとが多いので、そんなに気にはならないです。

イヤホンがメンドイ

イヤホンジャックが無くなり、ワイヤレスイヤホンしか使えません。

でも専用のライトニングコネクターにイヤホンジャックが付いてるケーブル使えば、今まで通り有線のイヤホンを使うことは出来るんです。

ただ、明らかに追加ケーブルの分が邪魔だし、iPadにイヤホン切り替えるときはいちいち追加ケーブルを付け外ししないといけないので、面倒です。

防水を実現するためにはこうするしかないのでしょうが。。。ちょっと不便ですねえ。

大きさ、重さは変わらない(感じない)

大きさ、重さはiPhone6から特に変わらないです。

▼並べて見ると、こんな感じ。まったく変わらないですね。

つまり、持った感じは全く同じ。

そもそもこの位が電車で、トイレでイジるのにちょうどいいサイズと感じているので、問題無しです。

ただ、iPhoneプラスだと写真がプロっぽくなる、ポートレートモードがあるんです。

この機能はiPhone8にも欲しかったな。。。

総評「高い」

このようなメリット、デメリット踏まえ、12万円の価値はあったのかというと。。。

正直「ヤッホおおお!!良い買い物したぜえええ!」というものではありません。

が、やっぱり使い慣れた大きさの端末が、早くて高性能になるのは地味に嬉しいです。ほんと地味に嬉しい。

iPhoneXかiPhone8か・・・迷ってる方多いと思いますが、iPhone8を選んだボクの正直な感想はこんな感じ。

参考になれば幸いです!

 

スポンサーリンク

この記事のシェアはこちら↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です