高コスパ無線LAN(WiFi)ルータWHR-1166DHP3をアプリ入れずにiPhoneから設定してみた。速さが〇倍になった!

数年前に無線LANルータをAirmac expressにして、802.11nで運用してきましたが、今は速度も速くなって、802.11ac規格も増えてきましたね。

スマホやタブレットでAmazonプライムビデオやYoutubeを見ることも多くなり、遅いなぁ・・・と思う事もチラホラ出てきました。

と、そこでAmazonのタイムセールで802.11ac対応の無線LANルータが5,000円以下!くらいで売ってたので、買ってみました。

一大メーカーBuffaloさんのWHR-1166DHP3という機器です。

この無線LANルータ、今どきの機械らしく、スマホに専用アプリを入れて簡単に設定出来ちゃう代物です。ただでさえ素人さんには難しくて分かりにくい無線LANの設定、アプリで簡単に出来ちゃうなら、これはとても助かりますよね。

が!俺はこれでもネットワークエンジニアの端くれ!

そんなアプリ使わないで設定してやるぜぇぇぇ!!

ってことで、ほとんど需要無いと思いますが、アプリ入れずに設定してみましたので、やり方を紹介します。

着いた。開けてみた。

箱が来ました。いつもながらAmazonプライムで即日届けてくれるヤマト運輸の配達員さんには頭が下がります。また担当者変わったけど倒れてしまったんでしょうか(´;ω;`)

▼表面。いつもながら見慣れたパッケージですね。

▼裏面。特徴が分り易く乗ってます。アプリで簡単にインストールできるよ、と言ってますね。

▼箱から出してみます。入っていたのは、ルータ本体とACアダプタ、LANケーブルと説明書です。

さーそれじゃーちょっと設定していきますかねー。

アプリ入れずにiPhoneだけで設定してみた

▼まず、電源を接続して、図の「Internet」に外側から来ているLANケーブルを接続します。光フレッツなら、NTTから来たONU(光ファイバが繋がってる機械)からのLANケーブルなど・・・ですね。

▼電源ついてしばらくすると、無線が飛び始めます。iPhoneの「設定」⇒「Wi-Fi」を見ると、無線LANルータから飛んできているアクセスポイント名(SSID)が出てきますから、それをタップします。

▼パスワード聞いてきますから、ルータに張り付けてあるパスワードを手打ちします。ちょっとめんどくさい。

▼しばらく待つと、こんな画面が出るはず。

ここまでで、「iPhoneから無線LANルータまで」は接続出来たことになります。

それでインターネットに接続出来れば良いですが、そんな簡単には上手く行きません。購入した無線LANルータが、インターネットに接続できるように設定しなければ!

「Internet側の確認を行う」をタップします。

▼無線LANルータへのアクセスする画面です。初期状態のユーザー名はadmin、パスワードは「password」です。むちゃくちゃ簡単なので、出来たら変えておいた方が良いですね。

▼ここでプロバイダー情報の設定を行います。ご自宅のインターネットを開通させたときにOCNとか、プロバイダから来た書類があるはずです。その書類からユーザー名とかパスワードを入力します。その他の項目は、触らなくても問題ないはずです。

▼次に進むと、ケーブル接続、PPPoEサーバー接続(プロバイダまで接続できるか)、名前解決などの診断が始まって、全部OKならこの画面が出ます。これで無線LAN使ったインターネットが開通です!

速度の改善は?

▼以前の速度はこのくらいでした。下り34.08Mbpsです。これでも十分速い感じはしますが、youtubeなんかで、早送りなんかすると、止まったまま待ち時間があったりします。いまいち気持ちよくありません。

▼ここで注意点。「Buffalo-A-D488」っていうSSIDと、「Buffalo-G-D488」っていうSSIDが出てきます。一番速度の速い802.11acを使いたいなら、「Buffalo-A-D488」というやつに繋ぎましょう。

▼新しいルータにつなげた結果。54.42Mbpsと2倍くらいになってます。このくらいだと、youtube見てもほぼ待つことは無くなりました。

まとめ

ということで、簡単に5,000円程度で自宅の無線LANを速くすることが出来ました。

2倍くらいにしかならなかったのは、自宅のフレッツ光自体が遅いとか、ケーブㇽが古くて速度が出ないとか、考えられます。

もうちょっと改善していきたいと思います。

<2017年1月10日追記>
後日、無線LANルータとONUのケーブルを新しいケーブルにしたら、さらに4倍くらいになりました!!うっひょおおおお!!数年前のケーブルで、遅い速度繋がっていました。 

▼このケーブルに変えました。 

この記事のシェアお願いします↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です