さよなら僕のMacBookAir。僕らが別れるハメになった、3つの理由。

2011年に初めてのMacとして、MacBookAirを買いました。Windowsとの違いにとまどいつつも、本体の美しさ、OSの軽さと美しいグラフィックに驚きつつ、触りまくっていました。当初は。

いつしか触ることは少なくなり、嫁の専用機になり、そのうち嫁も使わなくなっていました。そして先日、ヤフオク出品。売れる見込みです。

image

なぜ?僕はMacBookAirと別れることになってしまったのか?今、落ち着いて考えてみます。4年前の僕と同じく、これからMacに触ろうとする人が、こんな悲しい別れをしないように・・・

①近くにMac使いがいなかった

仕事でも、友人でもみんなWindows使いで、周りにはMac使いがいなかったです。教えてくれる人もいません。

Macでいくらキレイなリーフレットや各種プレゼンファイル作っても、仕事や友人に送るときはWindows用に変換しなくてはいけません。MacファイルからWindowsファイルへの変換も精度が良くなく、内容がズレたり、消えたりと上手くいかなかったこともしばしば。。。

結局は元のWindows環境の作成となってしまいました。

Macに興味ある人は、周りを見てから買うことをお勧めしたいですね。。。

 

②仕事がWindowsメインだった

会社ではWindowsしか使いません。海外ではもちろん会社のWindowsPC持っていきます。PCはかなり荷物になりますから、持っていくのはWindowsだけになりがち。。。ということで遠ざかっていってしまいました。

 

③物の画面がデカかった=買うときに用途を想定してなかった

買ったのは13.3インチで1.35kg。持ち運びがしづらかったんです。Mac使いなら誰でも考える、憧れのスタバMacも出来ませんでしたw

買った時のことを考えてみると、あまり良く考えず、勢いで買っちゃったんですよね。「技術者としてはMacも触っておかねば!つまりこれは仕事なんだ!!とか言ってww

悪い癖です。こんな文言が心の中で浮かんだら、まず疑ってくださいw

次買うなら11インチで軽いものだな、と思っています。

ぜひ購入希望の人には、「何に使うのか?」を決めてからお金を出してほしいですね!

 

Macは素晴らしいOSだ

ということで、理由は僕の環境によるところが大きいんです。ジョブズさんごめんなさい。誤解してほしくないんですが、Macが悪いわけじゃありません。

Macのように、「使っていて気持ち良い」、ってのはWindows10でさえもまだまだ感じることができません。ある意味、それがMacのすばらしさだと思います。オークション相場でも値崩れしづらいです。事実、4年前に8~9万円で購入したものが、最近でも↓のような高額で落札されています。これは普遍的に人気がある良い証拠だと思います。

image

まとめ

ということで、買うときは良く考えて買おう、という当たり前の結論になってしまいました。ただ、Macという魔物の魅力wに惹かれて、僕のように盲目的に買ってしまう人も少なくないと思います。

そんな人が考えなおすキッカケになれば、幸いです。

ちなみにそのMacBookAirのヤフオクページはこちらです。出品2日目にも関わらず、ウォッチリスト(注目登録)27とは・・・やはり化け物商品ですよ。MacBookAir。

後日談はこちら。高値で売れたんですよ。

 

【送料無料】MacBook Air 13inch 4GB/SSD128GB MC965J/A (2011) - ヤフオク! 【送料無料】MacBook Air 13inch 4GB/SSD128GB MC965J/A (2011) – ヤフオク!

この記事のシェアお願いします↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

移住した30代のサラリーマンブロガー。SE/投資家/ドラマー/つけ麺好きです。毎日の気付き/投資/IT情報/お金・時間的に得する情報をお届けします。 ブログは毎月5万人くらい来ます。田舎住まいだけど虫が弱点。あとレバーが食べられない。