【予告】もしも僕がハゲたなら。

突然ですが、僕の家はハゲの家系です。代々ハゲています。昔、親戚のおじさんから数代前の先祖の絵を見せてもらったことがあります。御多分に洩れずハゲていました。ハゲて、しかもガンで死ぬんです。呪われた一族です。先祖が何かしたんでしょうか。出来るなら許してほしいです。

bsMAX98_jidoriharf20140531

幸運なことに、まだ「その時」は明確に来ていないんですが、来たら「やってやろう」、と決めていることがあります。

カツラ?増毛?違います。一気に頭を丸めようと思ってるんです。

丸めることで色々メリットが生まれるはずです。言わば、髪の断捨離です。

衛生的
フケ・かゆみともおさらば。

コスト
整髪料、シャンプー、リンスも減る。理容室にいくことも減る。髪切る前にスタイリストさんに希望を伝える事も簡単になります。「坊主で。」
透かし出される人物像
これが一番大事でしょう。カツラや、セットでいくら隠そうとしても、どうしても隠せません。朝の通勤電車で一緒になる人で、確実にカツラの人がいらっしゃるんですが、言いたくてしょうがないです。バレてますよ、と。

ハゲが来るのはしょうがない。

隠そうとしている、という姿勢を見抜かれるのが問題です。自然の力には抗えないのです。ありのまま、です。

じゃあ思い切って丸めちゃえばスッキリするでしょう。そう思います。

“balding” is not a choice, but “bald” is a choice. 
ハゲるのは選択できないが、坊主は選択である。 

この記事のシェアお願いします↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です