家計簿面倒くさい貴方に。1か月1回、1時間の作業で資産の状況を把握する方法

家計簿・・・どれだけ収入があったか、どこにお金を使ったか?の記録ですね。付けてる人、付けようとしたことがある人はたくさんいるでしょう。

でもメンドクサイですよね。全ての支払いをクレジットカード使うならまだ楽なんですけど、現金支払いはどうしても出てきちゃいます。

もっと簡単に出来て、家計の状況が一目でわかる方法を紹介します。家計簿ではなくて、バランスシートを作る方法です。

家計簿ではなく、バランスシートを作ろう

「バランスシート・・・?」そう、企業会計で使う貸借対照表とかいうアレです。

それを家計で使おう、というワケです。

「難しそう・・・」とは思うかもしれませんが、簡単です。

この方法であれば、1か月1回、ちょっとした作業を1時間するだけで、自分の資産状況が今どれくらいで、このままだとどのくらい貯まるか?予想がつくようになりますよ。

具体的に言いましょう。

 

毎月一日時点の、

  1. 資産=「自分はどれだけお金とか物を持ってる?」
  2. 負債=「返さなきゃいけないもの(ローン)どれだけある?」
  3. 純資産=「ぶっちゃけ、自分の正味資産は?」

の3つをまとめるだけです。

 

↓のような箱にしてまとめます。

左側に資産、右上には負債、右下のは純資産です。

BSイメージ2

 

資産=負債+純資産

となり、原則、左と右の箱の合計は等しくならなければいけません。

 

資産には預金口座や手持ち現金、車など。今、あなたが持っている物の値段を書きます。 物に関しては全部書かなくて良いです。車とか家とか、出来る範囲で高額なものを載せてください。 すぐに現金として下ろせるものと、現金に下ろせないものに分けておくと、出しやすいし便利です。

 

右上の負債には、ローン残高など、返さなければいけない値段を書きます。

右下の純資産は簡単。資産から負債を引いた数字が入ります。

 

はいできた。純資産の増減が、そのままあなたの財産の増減です。

これを毎月1日に、付けるだけです。(毎月であればいつでも良いですよ)

 

こんな感じで、実際作ったエクセルの作成例を載せます。

エクセルだとシートをコピーするだけで差分だけ記入すればよいので、楽です。

BS例3

 

 

家計簿付けなくても、純資産の推移を見れば、毎月の収支が分かり、ペースも分かるので、このままだと数年でいくら貯まるか?簡単に予想できます。こんな風にね。↓

資産グラフ

 

 

そうすると、家計簿をやる意味も出てくる

 

家計簿って何でしょう?

大雑把に言えば、「毎月、何にいくら入って、いくら使ったのか?」記録していくものです。
「フロー 」と「ストック」で言えば、「フロー」に入るものですね。

 

毎月の家計が赤字か黒字かは分るものの、より大切なはずの、「いま、自分はどのくらいの資産を持っているのか」が分かりません。つまり「ストック」が分かりません。

 

そこで、ご紹介したバランスシートの出番です。バランスシートを作ると「ストック」が分ります。

そうなると、「目標との差分がどのくらいあるか?」つまり「毎月いくら貯めたいのか?」が分かります。

 

それが分かってこそ、家計簿の本領発揮です。

実際に何にどれだけ使っているのか分かるので、何を削減するべきなのか?を決めることが出来るんです。

 

思いついた理由。家計簿って面倒くさいよね

そもそも「お金貯めるには、毎日家計簿付けること」
良く言いますよね。

僕も以前2年ほど毎日付けていました。

お金で使うたびに携帯で記録、帰ってパソコンの家計簿ソフトに入力して。。。

給与明細も、所得税、住民税、厚生保険料。。。と費目ごとに入れてました。

ただ、面倒くさい上に、イマイチ無駄なことしているという意識が抜けませんでした。
どの店で何がいくらだったかなんて、本当に必要なの? と。
どんどん要らないものを省いて行って、今のやり方に行き着いたわけです。

お試し頂ければ!!

この記事のシェアお願いします↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

移住した30代のサラリーマンブロガー。SE/投資家/ドラマー/つけ麺好きです。毎日の気付き/投資/IT情報/お金・時間的に得する情報をお届けします。 ブログは毎月5万人くらい来ます。田舎住まいだけど虫が弱点。あとレバーが食べられない。