コスパマニアのボクが通勤に始発駅からグリーン車を使う5つの理由

スポンサーリンク

どうも、片道2時間半の通勤になったボクです。

今の経路で使う電車には、横須賀線直通でグリーン車が付いています。以前、たまには使うと良いよ、という記事を書きましたが、今は結構な頻度で使ってます。

肉体的にも精神的にも経済的にも、グリーン車の方が良い、と判断したからです。

ということで、今日は始発駅からグリーン車を使うメリットについて紹介します。同じような悩みを持つ方、ぜひ参考にしてください。

▼始発駅だからガラガラ状態。

無人のグリーン車内

普通席だとしんどいから

いくら始発駅だから座れるといっても、現在のコースでは錦糸町あたりから激混みで、まるで座ってるボクの上に誰か座ってしまいそうな勢いです。

朝起きてからの数時間は、脳が疲れていないため、作業や思考に集中しやすいゴールデンタイムと呼ばれています。

でも朝からこんな調子では、せっかくのゴールデンタイムが台無しです。

その点、グリーン車では一人当たりのスペースが確保されています。千葉駅あたりから既に満席となりますが、ギュウギュウ詰めになることはないんです。

作業できるから

グリーン車には机が付いてます。

机があるから作業に集中できる

飲み物飲んだり食べたりする人も多いんですが、ボクはパソコンやiPadを置いて、記事を書いたり読書したりしてます。

普通席で膝の上で作業しているとの比べると、作業効率が段違いです。

作業が早く終われば、気分も良いし、結果も出ます。そりゃあグリーン車使うべきでしょう。

精神的に余裕が生まれるから

普通席だと、精神的につらいんですよね。

今のルートでは普通席だと駅員に詰め込まれるほど混んできます。

そこまでの混雑状況になると、車内の雰囲気がとてもイヤ~な感じです。どんよりしちゃいます。

朝なのに嫌な気分は出来るだけ避けたいもの。

長距離通勤をオススメしているボクも、さすがに嫌です。。。

その点、グリーン車だとそんなことありません。

朝でもキャビンアテンダントのお姉さんもいますし、車内販売もしてくれます。

ちょっとした観光気分もあり、いい気分です。

長距離すぎて逆にお得だから

始発駅から乗車するボクにとっては、グリーン車はお得なんです。

「え?グリーン車なのにお得?」と思った方も多いと思うので説明します。

普通列車のグリーン車の料金は移動距離が51㎞以上で平日980円で、それ以上の距離に関わらず「一律」です。(注:事前に購入した場合)

ボクの場合、電車に乗る時間は片道2時間超えます。移動距離は100㎞以上になります。

つまり51㎞乗って980円払う人と同じ料金で、倍以上移動出来るわけです。言い換えると、同じ料金で倍の時間、快適な作業時間を確保できるんです。

こう考えると、なんかお得に思えませんか?

稼げるから

グリーン車に乗ってる他のお客さんを見ると、実に95%は寝たり酒飲んだりスマホで遊んだりしてるんですが、もったいなくて休めないんですよね(笑)

グリーン車では単純に休まず、記事を書いたり、読書やら勉強したりしています。

グリーン車に乗ることで、知識やノウハウ、お金を「稼ぐ」ことに集中できるんです。

  • 記事を書くことで、さらにブログを資産化することができます
  • 読書することで新しいノウハウを得たり、さらにお金を稼ぐ材料にもなります

追加でお金を払ってグリーン車に乗ることで、自分へのご褒美じゃなくて、自分へ追い込むという意味もあります。

まとめ:お金だけ気にして、損してない?

ということで、グリーン車を使う理由についてまとめてきました。

長距離通勤ならではのメリットもありましたが、健康・精神状態、知識やノウハウといった人的な資産という面も考えると、グリーン車という選択は一番理にかなっています。

お金だけじゃなく、広い視野で考えた場合、グリーン車にお金を払う理由ってあるんじゃないでしょうか?

参考)この記事で単純な支出だけで考えない。人的資本と金融資本のバランスで考える、という考え方は橘玲さんの以下の本にも載ってます。

スポンサーリンク

この記事のシェアはこちら↓