結婚指輪を無くした1日と、無くしたときの心構え

スポンサーリンク

妻とは結婚して既に6年、付き合い始めてから12年以上経ちました。

知り合いからは、おしどり夫婦と評判です。

そんな僕ら夫婦に起きた事件のお話。

発端

先日同僚とランチ中、気づいたんです。

「あれ、ボクの結婚指輪、無くなってる・・・?」

いつも付けてたはずの結婚指輪が無くなってるんです。

 

▼無い。

▼手を裏返してみても、やっぱり無い。

 

さらにマズいことに気づきました。

「最後に確認したの、いつだっけ・・・?」

いつから無くなったのかも分からないんです。

薬指をよく見ると、そんなに指輪の跡も無い。

つまりこれは、無くなってからしばらく時間が立っているな!!

とコナン風の推理をしてみましたが、ボク=結婚指輪を無くしたスットコドッコイという結果は変わりません。

あんな味の無い焼き魚定食は初めてでした。

探す

ランチを食べた後、急いで職場に戻るとボクは聞き込みを始めました。

昼休み中でみんな寝てるけど関係ない!こういうのは、スピードが大事ですからね!(迷惑)

ボク:「(昼休み中なのに)すみません。」

同僚:「え?なんですか?(迷惑そう)」

ボク:「あの・・・変なことを聞くんですが・・・ボクの結婚指輪知りませんか?

同僚:「!?!?」 

気が動転して変な風に聞いてしまいましたが、「せめて、最後にボクの結婚指輪見たのいつか覚えてますか?」すがるような気持ちで聞きました。

が、誰も見てないし覚えてません。

そりゃそうです。誰が40歳近くになったおっさんの薬指なんて見るでしょう。逆に怖い気がする。

 

聞き込みの結果、優秀なAさんから「先週の飲み会のとき、ゆうげんが指輪してたのを見たような気がする」という有益な情報を入手できました。

ああさすがだよAさん。仕事もできるし、ボクの薬指も見てくれてたなんて。

ともかく、これで犯行時刻(無くした時間)がある程度絞られます。ここ1週間の間で無くしたという推測が成り立ちました。

どこかに遠出したことはないから、家と会社の生活圏内のどこかにあるはずです。

 

ボクの不幸を聞いて喜んだ・・・いや悲しんだ同僚の一人は、「ゆうげんの愛を守るために、午後はみんなで指輪を探そう!」と涙が出る提案をしてくれましたが、さすがに丁寧に断りました。

 

「きっと家の風呂で無くしたんだ。たぶん風呂にあるはず」

そう。今日はいつもより多めのボディソープを使ったから、つるんと抜けちゃったに違いない。帰ったらすぐに見つかるさ。

・・・

でも無かったら・・・無かったらどうしよう。

数年前、結婚式前に二人でキャッキャウフフ言いながら、オーダーメイドで作った思い出の品です。

それが「なんか知らんけど無くなってた」なんて言ったら・・・

離婚かもしれないなぁ。。。。そう思うと自宅への足も早まりました(電車だけど)

告白

自宅に帰ってうがいをしがてら、速攻で風呂場に行きます。

が・・・無い。無い。。。。!

なんということでしょうか。

唯一の希望があっさりと打ち砕かれてしまいました。

 

こうなったら早めに報告(エスカレーション)するしか無い。

何事もスピードが一番ですからね!

 

食事も終わって、妻の機嫌も良くなったその時、

(今だ!!)

ボク:「あのう、突然で申し訳ないんですが、報告があるんですけども」 

ボク:「け、結婚指輪を紛失してしまいましたサーセンンンンー!!」

 

それに対する妻の一言は・・・

妻:「まぁいい。きにするな」

妻:「探してる時こそ見つからない。いつか出てくるさ」

なんとありがたい言葉でしょうか。

 

仏がこんなに近くにいたとは・・・!

 

逆にこう考えたらロマンチック

妻の神対応にほっとしたところで、落ち着いて考えてみると「いや、こう考えると逆にロマンチックじゃね?」と思いました。

ボクと同じように指輪を無くしてしまって傷心のみなさんも、こう考えたらどうでしょうか?

・・・

・・

 

「この世界のどこかに、ボクら夫婦の愛の印が隠されているんだ

と。

 

無くして数年後、ふと通りがった道端で見つけるかもしれません。

様々な人の手を介して、どこかの異国で見つけるかもしれないですよね。

つまり、どこに行っても、宝探しになるんですよ。愛の宝物を(真面目)!

逆にロマンチック・・・じゃありません?

いや、そんな可能性がある、ってことが大事なんですよ。

同じように婚約指輪を無くした人向けになれば幸いです。

と・・・こんな事考えられるのも、妻が大人の対応をしてくれたからですね。感謝。

スポンサーリンク

この記事のシェアはこちら↓