ディズニー嫌いな貴方でも、ちょっと楽しくなる5つの工夫

スポンサーリンク

ディズニー。マジックキングダムと呼ばれる魔法の王国。子供も大人も、み~んな知っているテーマパークです。ディズニーランドもディズニーシーも、誰でも一回は行ったことがあるはず。

でも、み~んな知ってるけど、み~んな大好き!という訳ではありません。苦手な人もいるんじゃないでしょうか。

かくいうボクも、ディズニー系のノリが苦手な一人。

たかがポップコーンで2時間待ちというクレイジーな状況に、滞在3時間で帰ってしまったり、土砂降りの中落選したショーを自由席で見るために立ち尽くしたことがありました。

関連記事:ディズニーランド(シー)が夢の国では無くなった理由。

でも・・・でも何かの魅力はありますよね。ディズニー。

ある機会でチケットを安く手に入れられたので、行ってきました。今までの経験をもとに、改善したら、「こんなボクでもちょっと楽しかったんです!!あの、ディズニーが!」

今回はその経験を振り返って、ディズニーが苦手な貴方もディズニーを楽しめるようになる、ちょっとした工夫を書いていこうと思います。

1.行く前に沢山食べておく

まず、ディズニーに行く前に、あらかじめ「腹いっぱい食べて行きましょう」。

朝から行くなら朝食を、昼過ぎに行くなら昼食を、多めに食べておくってことです。

▼食べすぎるほどに食べましょう。
IMG_20170422_083747

「え~?それじゃあ中で食べれないじゃん」というアナタ!

その通りです。園内で食べないようにするんですよ。ディズニーでの食事は時間的にも経済的にも、満足度が低いから。

考えてみてください。ディズニーの中で空腹になってしまったときのことを。

あなたはディズニーの中で空腹になりました。

でも、レストランはどこも長蛇の行列です。アトラクションをやるのにも並び、食べるのにも行列しないと行けません。で、長い時間をかけて待って、相場よりも高めのお金を払って、ギュウギュウ詰めの店内で食べたものは・・・正直「めっちゃ美味しい!」とは言えない(※個人の感想です)

しかも料理ジャンルがむちゃくちゃ広い園内で散らばっていて、本当に自分が食べたいものを食べれる可能性も低い。

最悪、並ばなくても買えるようなチュロスやホットドッグなどで空腹を紛らわすだけに終わってしまう可能性も。

▼こんな小さいデザートにC3POの小物入れがついて、980円とか。。。 すげえぜ。
IMG_20170422_132513

人間、普通の人は空腹だとイライラします。特にボクは普段の温厚さからは考えられないほど気性が荒くなります(笑) 断食に挑戦したときもそうでした。

そこに精神修行のような行列、行列、そして行列です。なんだか無性にイライラしてディズニー内でケンカしてしまった、という方も多いんじゃないでしょうか。

これではその後のアトラクションも楽しめるわけありませんよね。

だから、事前に満腹にしておいて、食事に使う時間をアトラクションを楽しむ時間に回すんです。そっちの方が財布にも優しいし、楽しく過ごせるはず。

幸い、飲み物はすぐに買えますから、暑い時でも大丈夫。食べ物さえ不要になれば、だいぶ快適なひと時が過ごせますよ!

2.計画を立てない

次に重要なのは、「計画を立てない」こと。園内ではノープランで行きましょう。

良くあるじゃないですか。「まず、園内に入ったら〇〇のファストパスを通って、次に近くの××に乗って、ルート上にある△△を見て・・・」と綿密に計画を立てること。理系男子は特にそうだと思いますが。。。

▼ご利用は無計画に。
book4
でも、混雑具合や天候状況、行く人のコンディションといった諸条件を考えると、思い通りに行く可能性が低いです。子供いたらなおさらですよね。

で、計画を綿密に立てれば立てるほど、破綻したときのショックが大きくなります。「あれだけ一生懸命計画したのに・・・」と。

▼ショーも落選すること多い(2回連続)

自分だけが凹むならまだ良いんです。「ほら早く!早く歩かないと〇〇に乗れないよ!」とまるでどこかの管理職みたいになってしまう場合もあります。これでどう楽しめと?

そもそもディズニーに行く人って、みんな目的は同じだと思うんです。それは楽しい一日を過ごすこと。「計画通りに最大限多くのアトラクションを回る」ってことじゃないはずなんですよね。

思い通りに行かなくたって良いじゃないですか。それも人生。問題はどう楽しむか。。。ということで、計画は不要です。ブラブラしたっていいし、目に入ったものを楽しめばいい・・・と切り替えましょう。

3.スマホアプリを最大限活用

計画を立てないのは重要なんですが、ブラブラしてどこも入れなくて、ただ歩いていただけだった・・・というよりは、少しでもアトラクションやショーを経験して、多くの非日常体験が出来れば楽しめる可能性も増えるはず。

ということで、スマホアプリを使いましょう。今はリアルタイムで園内の混雑状況を把握できる良い時代になりました。

今回は以下のスマホアプリを切り替えながら園内を回って、だいぶ助かったのでご紹介します。

地図アプリ

園内の地図機能が良い感じ。トイレだけを地図上に表示するとか、何気に便利です。もちろん今の自分の位置も表示できます。

待ち時間、アトラクション説明アプリ

地図アプリで近くのアトラクションがあったとき「これ、どういうものかな?」と調べるのがラク。待ち時間もリアルタイムでわかるので、後で記載する工夫にも使えます。

待ち時間 for TDL TDS
無料
(2017.04.23時点)
posted with ポチレバ

4.空いているアトラクションに乗る

みなさん、アトラクションはどうやって選んでます?

乗りたいもの・人気アトラクションに並ぶんじゃありませんか?そりゃそうですよね。だから行列が出来るんです。

発想を変えましょう。空いてるものを優先的に選ぶんですよ。天下のディズニーですから、人気が無くて空いてるものでも、ある程度は楽しいはずです。

例えば、100分並んで1つのアトラクションに乗るよりも、100分で3つのアトラクションを楽しんだ方がオトク感ありません?それも楽しいはずです。

という訳で、「待ち時間が少ない物」に乗りましょう。

上で紹介したアプリが役立ちます。「待ち時間少ないもので、しかも乗りたいアトラクションを選ぶ」ようにすれば、より満足度も高まるはず。

待ち時間 for TDL TDS
無料
(2017.04.23時点)
posted with ポチレバ

ミックスした案として、人気のあるものはファストパスを取っておいて、待ち時間少ないアトラクションを沢山経験して、時間をつぶす、というアイデアもありますね!

5.ホテルは近場でブランド考えないで選ぶ

歩き回るディズニー。行った日くらいは、出来れば泊まりたいですよね。

でも変にケチって遠いホテルにすると、意外と疲れます。電車に乗ることで、せっかく高まった夢の国気分も冷めちゃいますし。

しかし、ディズニー近辺のリゾートホテルはどこも高めで休まらない。ここもあまりブランドにこだわってはいけません。「ディズニーなんちゃらホテル」とか、「外国の有名ブランドホテル」とか。

今回泊まって一押しだ!と思ったのが、SPA&HOTEL 舞浜ユーラシア。舞浜駅北口から無料送迎バス出ている、ちゃんとしたホテルです。

1泊1万円前後と他の有名リゾートホテルと比べても安めにも関わらず、部屋が広くて、しかも温泉。サウナだけでも3種類あったりして、がっつり休めちゃうんです。歩き疲れた体にはピッタリなので、ぜひご利用してみては?

▼部屋広い。ベッドにも真央ちゃん愛用の「エアウィーブ」が採用されてます。
IMG_20170421_152454

▼窓からもディズニーが一望できます。花火も余裕で見れるんじゃないかな。IMG_20170421_152505

▼大浴場受付。某娯楽温泉施設みたいです。
IMG_20170421_155419

 

まとめ

ということで、ディズニーを少しでも楽しむ工夫について書いてきました。

これを見て、少しでも楽しめるようになれば幸いです!

スポンサーリンク

この記事のシェアはこちら↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です