またまた勤務地が遠くなったけど、ボクは泣かない。

スポンサーリンク

桜も咲き始めて新年度、新入社員たちも入ってきて、こちらのやる気もみなぎる良い季節到来ですね!みなさんいかがお過ごしでしょうか?

ボクは、さらに遠距離になりましたよ!

昨年末、片道4時間超の旅だったのが都内となり楽になったのも束の間、新年度に入ってまた勤務地が遠くなったんです。合掌。しょうがないから。サラリーマンだから(震え声)

九十九里浜から神奈川県川崎市に。片道2時間半の小旅行となります。

▼新たな通勤経路イメージ。毎日関東横断です。
image

でもでも、そんなにつらくないんですよ。そんな理由をまとめます。

同じように遠距離通勤になった全てのサラリーマンに捧げます。

乗り換え無しで通勤がラクになった

通勤自体は長く、長時間になりましたが、勤務地に乗り換え無しでもいけるようになったんです

都内での通勤では、どうしても東京駅から乗り換えを繰り返す必要があったんですよね。これ地味にめんどくさかった。

また、混んでいる都内を通り越して行けるので、乗り換え無しで、しかも座れる可能性も高まります。これは楽チンです。お尻が痛いけど!

作業時間が増える

座っている時間を使うことで、読書やブログ作成など、作業時間が増えるということです!!こ、これはラッキーと言えるんじゃなかろうか!

最近ダラけがちだった通勤時間も、試験勉強やらブログやら、活用できるように工夫が必要ですね。

まとめ「強く生きていきます」

とまぁ、ポジティブに書いてきましたが、正直今回の長時間化に関しては「マジかよ・・・」と落ち込む要素ではありました。

でもこんな時、今回のように見方を変える記事を作ることで、実際の気分が変わることがあるんですよね。日記書いてる人も心当たりあるんじゃないでしょうか。書いていることで、自分が癒される・・・ってこと。

強く生きていきます。

【追伸】
ちなみに「これ、あんまりじゃね?」とか思って、会社側に通勤時間が残業時間となる、残業申請とかしてみたけど却下された!残念!だけどナイストライ自分!

▼こんな時もう一度読み返したい、KDDI創業者でJALも立て直した稲盛さんの名著。なかなか出来ないことだからこそ、何度も継続して読む必要があります。

スポンサーリンク

この記事のシェアはこちら↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です