スポンサーリンク

こんにちは。ゆうげん(@1funkiduki)です!

毎日片道2時間超、往復4時間の通勤を行い、あろうことか、その長距離通勤をおススメさえしているボクですが、さすがに通勤めんどくさいこともあります。

いや、たまに!たまにですよ!?飲みで遅くなった時は良くそうなります。

そんなとき良くやるのが、「都内ホテルに泊まる」です。長距離通勤ということで、九十九里は生活費も安いので、このくらい大したことないんですよ。

先日は、久しぶりの友人が上京したので、「ゆっくり飲もう!」、ということで都内のアパホテル御茶ノ水駅北に泊まりました。

非日常感も感じれるし、ホテルで一人の濃厚な時間が取れるし、通勤が短い(片道2時間⇒片道30分くらい)し、なによりブログのネタにもなる・・・ということで行ってみましょう!

アパホテル 御茶ノ水駅北 情報

秋葉原駅から総武線で一駅、御茶ノ水駅近くに2016年11月にオープンした、まだ新しいホテルです。

▼御茶ノ水駅聖橋口から徒歩5分。交通の便も良くてキレイ。

1つ隣の水道橋には東京ドームがあるので、ライブとかイベントの時に使うのも良さそうです。

ホテル前の様子。静か。

▼平日の夜に来ました。ちょっと人通り少なくて、静かな通りです。

Apahotel3


▼ホテルの向かいはこんな感じ。居酒屋があるので、そこで飲みました。
Apahotel4

▼入り口。なんかゴージャスな感じです。左には併設のレストランカフェ、CafeGozzoも見えます。ここでモーニング食べられるんですね。建物の中に入ると・・・
Apahotel2

▼こんな感じで通路になってます。
Apahotel5

フロントは重厚感たっぷり

入ると直ぐにフロントです。床がピッカピカで天井の照明が映り込んでます。Apahotel1

▼フロントでチェックインします。カードキーを貰って、部屋へ移動します。
Apahotel8

▼カードキーとエレベータ。
IMG_20170125_074158

▼エレベータ内の掲示。入り口にあったCafeGozzoモーニングの紹介です。1400円・・・たっけ。
IMG_20170124_181011

シングル部屋の中の様子

シングルです。

▼部屋に入って一言。「おー結構広いなぁ」
IMG_20170124_181107

▼ベッドがデカい。
IMG_20170124_181111

▼アパホテル名物の、折り鶴です。個人的には、「どうでもいい」。
IMG_20170124_181117

▼ポットや冷蔵庫など一通りそろってます。鏡の横に見えるものは・・・?
IMG_20170124_181124

▼先日ちょっと話題になった、歴史書ですね。横にはAPAグループ代表元谷外志雄氏の自伝も。
Apahotel16

有名なあの社長の、あの漫画は置いてないようです。。。

▼最近のアパホテルでの特色がこれ。大きい液晶ディスプレイです。東芝 レグザの50型だそうな。あまりに大きすぎて、ビビります。ベッドで寝転がりながら見れるんですよ。
Apahotel15

同じくアパホテルに泊まった友人と楽しく飲んで、ぐっすり眠ることが出来ました。静かだったし、ベッドも寝心地良かったです。ただ、ちょっと枕が低かったかな。。。

チェックアウトは1秒で

サラリーマンのチェックアウトは込み合います。フロントで待たされた・・・なんて方も多いんじゃないでしょうか。

▼1秒チェックアウトできます。
Apahotel10

特に課金したものがなければ、カードキーをフロントのボックスに入れるだけで完了します。

▼このボックスにキーを入れて、出ることができます。
Apahotel18

料金は1泊9000円でした(変動有り)

今回は1泊9000円でした。立地・サービス考えると妥当なのか・・・。

同じタイプの部屋に泊まった友達は7500円と言ってましたが・・・結構バラツキがあるみたいですね。調べると、土日は安い感じがします。やっぱりサラリーマンの出張用として使われてるんでしょうね。


スポンサーリンク

お読み頂き、ありがとうございました。
下のボタンを押すと、更新タイミングを逃さずGETできます!
follow us in feedly