ディズニーランド(シー)が夢の国では無くなった理由。

スポンサーリンク

今日は小説形式で始めます。御付き合いください。

ディズニーへ行ったきっかけ

「ねぇ、ディズニーのハロウィーン行きたい」

ある日突然、ボクと同じくディズニーが苦手なはずの妻が言った。

ボク:「おい待てよ、正気かハニー?」

・・・実は昨年、義理の妹夫婦に付き合ってディズニーランドに行ったんだけど、あまりの混雑ぶりに夫婦で消耗しきった。「普通のポップコーンが2時間待ち」を見て、午前中で帰ってしまった事を、後悔はしていなかったから、もうディズニーに行くことは無いと思っていたんだ。

妻:「うん。ディズニー、行きたい」

妻もここ最近の仕事で、疲れているのだろう。あまりにストレスがかかるので、仕事を辞めるようだ。こんなとき、「ディズニーなら・・・ディズニーならなんとかしてくれる。辛い毎日を忘れさせてくれる・・・(混んでるけど)」そんな期待を持ってしまう、不思議な魅力がディズニーにはある。

ちょうど、3か月で120時間超過の残業をしたボクも、「どこか夢の国に行きたい。行ってしまいたい」と思っていたところだったから、これはまさに渡りに船の申し出だった。

入口でのチケット混雑を避けるため、インターネットでチケットを購入・印刷して、海浜幕張のホテルを予約したんだ。

ディズニーへ

▼ホテルのバスタブから海浜幕張の広大でキレイな夜景を眺めつつ、年甲斐も無くワクワクしていた。

IMG_20160922_202205

 

▼翌日、いよいよディズニーシーへ。舞浜で降りた。

IMG_20160923_094618

 

そこで待っていたのは

IMG_20160923_141839

 

どしゃぶりワッショイ。

なんだよ。なんなんだよ。夢の国じゃねえのかよディズニーランド(もといディズニーシ―)。

ディズニーでの楽しいひととき

今回、一番の目的だったのはビッグバンドビート。ミッキーをはじめとしたおなじみの仲間たちと、愉快で元気な演奏をしてくれるビッグバンドが、ジャズのスタンダードやお馴染みのあの曲で歌ったり踊ったりしてくれる、楽しいショーです。

IMG_20160923_131208

 

このショー、1階で見るには抽選が必要なんです。え、抽選・・・?iPhoneアプリで、園内に入ってすぐ抽選に参加しました。外れ。。。

知らなかったけど、他のショーも抽選出来たので、こちらも応募!はずれ・・・おいおいマジか。ここ、ホントにディズニー?いきなり残念なんですけど。。。

いきなり出鼻を挫かれた感じはありますが、ビッグバンドビートは2階なら、並んで席を取れるみたい。会場の前で、行列をさばいているおじさんキャストに聞くと「会場の30分前に来れば、大丈夫ですよ」とのこと。

並ぶのは嫌だけど、しょうがないなぁ。。。とまず、タートルトークに行きました。

IMG_20160923_105343

 

びしょ濡れになりながら、1時間待ちオッケー!カメが他の観客にからみつつ、愉快なおしゃべりをするアトラクションです。内気なボクは、ただ観客と魚がしゃべってるのを立ってみているだけでした。

ちょうどビッグバンドビートの30分前になったので、会場に行くと・・・

「30分後の回は既に満杯で~す。入れませ~ん」

だと!?おいおい30分前なら大丈夫って言ったじゃないかおっちゃん!(キャストのことです)どうやら、想定以上に人が集まってしまった模様。そういえば数日前にテレビでやってたもんなぁ。。。。

さらに下がるテンションを無理矢理あげつつ、次は「アリエルのプレイグラウンド」に行きました。なんか暗くて良く分かんなかった。床がビッショビショだけど子供は走るわ若者はキャッキャしてるわで、ある意味緊張感がありました。

なんとかビッグバンドビートに行きたい、と結局1時間以上待ちました。雨の中、傘を差しながらギュウギュウ詰めで。みんな黙って傘をさしてて、何か異様でした。

▼ハトも行列にならぶディズニー。

IMG_20160923_101530

 

日本人って、ホント我慢強いんだなぁ。。。と変な驚きを感じたんですよ。雨の中、1時間黙って待って、肝心のショーは30分ですよ。30分。終わったら「ハイ、終わり終わり~」という感じでまた雨の中の園内へ強制送還ですし。「それで良いんか!?」と。

ディズニーが夢の国ではない理由

思うに、ディズニーは全然悪くないんです。アトラクションとか、キャストのレベルとか、接客・清掃のレベル、ショーのレベル・・・どれも最高なんです。普通の遊園地では、まず出会えないレベルですよね。ビッグバンドビートなんて、あっという間の30分。最高でした。正直入場料の7000円いくらであのショーだけでも、良いんじゃないか?ってくらい。

ただ、そこに人がいすぎるのが問題なんですよね。素晴らしすぎるから、人が集まるし、混雑する。混雑するからから、雨の中待たないと行けないし、ただのポップコーン買うのに2時間待たないと行けない。ビッグバンドビートにも行けなくなるし、抽選に外れたりもする。楽しみな子供だったら、入園直後に抽選に外れたら、どんな顔をするんでしょうか・・・・。あの行列はまさに「レッドオーシャン」と感じてしまうボクでした。

「夢の国に、みんなが行くことで、夢の国では無くなってしまう」。。。こんなことを考えながら、帰ってきました。今回、昼ごはんはパーク内で食べたから、記録は更新できました(笑)

てなわけで、また失敗してしまったディズニー体験でしたが、逆に空いてるときに行けばいいんじゃね?と思うわけです。えぇ。空いてるときはいつなのか?調べましたよ。

こんなボクが、ディズニーランドを楽しむ方法

人が多すぎるのが問題なので、じゃあどうしたらディズニーを夢の国として楽しめるんだろう?と思い考えてみました。

貸切る

「人が多いなら、貸切っちゃえばいいじゃない」という発想。

じゃぁ、いくらなのか?ということで調べてみました。お金さえあれば、別に有名人でなくても普通にできるんですね。

ディズニーリゾートを貸し切るというとマイケル・ジャクソンを始めとする有名人のみができるような特権というイメージが強くなります。ところが実は有名人でなくても貸し切ることができます。方法としては2種類存在します。

プライベート・イブニング・パーティー

マジカル・ファンタジー・パーティー
「プライベート・イブニング・パーティー」は、ディズニーリゾート自体を18:30で閉園させ、19:30から22:30分まで丸々貸し切ることができます。続いて「マジカル・ファンタジー・パーティー」ですが、こちらの場合は14:00から一般の来園者と一緒に入園します。通常の来園者は20時で閉園になりますが、マジカル・ファンタジー・パーティーでは22:00までパークの営業時間を延長させ貸し切ることができるサービスになります。

今回は、よりプライベート感の強い「プライベート・イブニング・パーティー」の見積もりを出しました。基本的に必要となる料金は、参加する人数分のパスポート料金になります。3時間の利用だけですが、3歳以上の入場者は年齢に関係なく一律5,600円となっています。(3歳以下は無料です)ただ4,000人以上の利用が必要となるので最低でも4,000人×5,600円が必要となりますので合計2,240万円です。

夢の国を貸し切りにするのは夢じゃない。ディズニーランドを貸しきったらおいくら?

3時間で、に、2,240万円かぁ。。。ちょっと遊びに行くには高いですねぇ。。。

でもでも、一人でいかなくても10人、20人でならいいですよね。4000人もいるよりは全然快適に使えるはずです。

20人で貸し切りだったら、100万円。

40人で貸し切りだったら、50万円。

80人で貸し切りだったら、25万円で貸し切れちゃうんです。
160人なら、12万円。。。ちょっと考えてみてもよいですよねぇ。。。

空いてる時に行く

そんな大金を使って貸し切りにしなくても、空いてるときにいけば良いんです。

色々と調べると、どうやら「4月、7月」が一番好いてるみたいですね。

ディズニーシーなら、金曜日が空いてる様子。

7月は暑いかもしれないから、4月が一番良いのかな。

空いてるときに行ければ、もっと楽しめるのではないでしょうか。。。
IMG_20160923_141833

スポンサーリンク

この記事のシェアはこちら↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です