ブロガーはスゴイ。3つの理由

スポンサーリンク

ブログを始めて6か月超えましたけど、ほんとにねぇ。。。ブロガーは大変ですよ。全てのブロガーさんを尊敬してます。

といっても、まだまだ世間一般では「ブロガー」の地位はあまり高くないのも事実。自己紹介でブロガーと言っても、「え?ブロガー?いまさらブロガーて(笑)」と「(笑)」が付いてしまう感じ。なんか認められてない感じ。くやしいです。

そこで、今日はブログやったことの無い方がブロガーの凄さを少しでも分かるよう、代弁させて頂こうと思います!

何気なく見ているブログも、色んな努力の上に成り立っているんですよ!ホント!やってみるとわかります。だから、もうちょっと感謝の念で見て頂きたいと思っております!

<目次>

書く文章量がスゴイ

PAK69_penwomotunotedesu20140312-thumb-1000xauto-17017

ブロガーの世界では、グーグルやらの検索エンジンに良い記事として判断されるために、一般的に一記事に書くべき分量は1000文字と言われてます。ちょっと濃い内容を書くと余裕で2000文字は軽く超えてしまいます。

小学校の頃、苦労した宿題で、読書感想文てありましたよね。あれ、原稿用紙3枚がノルマじゃなかったですか?400字詰め原稿用紙3枚。つまり1200文字です。夏休み、冬休みみたいな、長期休暇には付き物の宿題でした。

僕らブロガーは、その読書感想文を「毎日」書いていると言っても過言ではありません。それも毎日ですよ!スゴイでしょ!中には毎日2記事、3記事、5記事とか書いちゃう人も!どうなってんのよ。

ちなみにこのブログは現在230記事を超えました。1記事1000文字とすると、実に23万字書いたことになります。300ページの小説1冊くらいです。8か月で小説1冊ですよ。

小説家にしてみたら、結構なハイペースじゃないですか!?

これを、一記事あたり2時間くらいかけて書いてますから、 トータル460時間くらい使ってます。結構な時間です。といっても、何か一つでも業界のプロになるのであれば、10000時間は必要だそうです。このペースだと10年くらいかかります。先は長いっす。

文章書くだけじゃなく色々やってる

eigyo presentation

「何言ってんの?文章書くなんて、新聞記者やら作家やら、たくさんいるじゃん」という皆さま!ちょっと待ってください!

僕らブロガーは文章書くだけじゃないんです。

文字を書くだけではなくて

  • 「文字のフォントや色などの体裁校正
  • 「記事タイトル・見出し作成
  • 「写真や動画撮影と加工、適切な場所への貼り付け
  • 「自分のページの他記事への参考リンク作成
  • 「外部のページへの参考リンク作成
  • 「FacebookやTwitterへの記事広告投稿
  • 「商品への紹介ページや、アフィリエイトリンクの作成と貼り付け
  • これを行うための各種勉強(CSS、HTML、アフィリ、マーケティング)

などなどもやっている訳ですから。

しかも、SEO的にタイトルどうか?とか読む人のお役に立って、何らかの感情を引き起こして反応してもらう記事を書いている訳です。これを毎日。

小学校の自分よりは、かなりの大仕事をやっている、成長したな・・・と考えてもいいんじゃないかなぁ。定期的に更新できてるブロガーさんは、PVの多い・少ないは関係なくて、もっと自信もっていいと思いますよ。ホント。

これを兼業でやってる

a0002_004059

さらに驚きなのが、これほどの仕事を、大半のブロガーが兼業で行っている、ということです。専業で食っていけるような甘い世界ではない、ということなんですが。

仕事で一日の大半を奪われながらも、スキマ時間や早起きで時間を作って、毎日顔の見えない誰かのために、少しでも見やすく分かりやすく、狙ったキーワードを入れつつ役に立つ記事を作成するために頑張る・・・まさに与える仕事。聖職ですよ。

だからさ。アフィリでちょっとくらいお金儲けたっていいじゃないですか。ねぇ?

まとめ

ということで、ブロガーがスゴイ理由を3つ述べてきました。

文章書くだけではなくて、いろいろ考えたりやることがある、ていうのはブログ始める前には分からなかったです。人気のサイト作ってる人は、むしろ文章書くよりも、記事を書く前の事前調査とか、競合調査なんかをしっかりやってます。

超有名ブロガー、イケダハヤトさんは、毎日1万字書け、と言ってました。原稿用紙25枚。。。押忍。。。

スポンサーリンク

この記事のシェアはこちら↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です