IT初心者のためのホテルの無線LANが遅い時に、やるべき対策まとめ

スポンサーリンク

無料で無線LANが使える、というのをウリにするホテルも多くなってきました。スマホやタブレット、PCを使う僕らにはとても嬉しいことですよね。

しかし、無線LANはあるけど、「全然遅い」「つながらない」というホテルがあるのも事実。出張のたびに、このようなホテルに出くわし、涙を飲んできました。PCが無いと仕事出来ない僕からすると、「通信できない」「通信速度が遅い」のは絶対悪だ!としか言えません・・・。

そこで今日は、ホテルで無線LANが遅い!というときに、もっと早く通信するための対策をまとめてみます。参考にしてください。

無線LANって何だっけ??

そもそも無線LAN、って何でしょう。WiFi(わいふぁい)という用語も、無線LANを利用したインターネット接続サービス、ということで、ほぼ無線LANと同じ意味の言葉です。

まず、無線LANってどういう登場人物が出てくるのか?、抑えておきましょう。ここで説明する対策の理解にもつながりますので!!

下の図を見てください。
image

スマホやPCが「アクセスポイント」と「無線で」通信してますね。で、アクセスポイントからインターネットに抜ける線は有線です。LANケーブルでつながってます。

ってことで、無線LANっていっても、インターネットまで全部が全部、無線じゃないんですよ。あくまで、スマホ、タブレットやPCといった端末の通信が無線である、というだけなんです。え?知ってた?すみません。

ホテルの例で考えると、数部屋ごとにアクセスポイントが1個あって、ルータにLANケーブルが伸びてます。それら何十本のケーブルを1台もしくは2台のルータが束ねて、インターネットに流している・・・そんなイメージを持ってくれれば良いです。

大まかに構成が分かったところで、さっそく対策行ってみましょう。

無線LANのアクセスポイントを変更してみる

無線LAN使うときって、名前をまず選択しますよね。あれ、SSIDとか、ネットワーク名って言います。アクセスポイントの名前、と言ってもいいかもしれません。

↓の写真みたいなやつですね。
image

無線LAN使えるホテルって、部屋の中の机の上に「ネットワーク名:〇〇〇〇、パスワード:××××」とか書いてありますよね。そういうところって、インターネットの速度遅いところが多いです。。。なぜなら、みんなそのアクセスポイントで通信しているから、です。渋滞してれば、遅くなるのは当たり前ですよね。

 

実は、一部のホテルでは、通常アナウンスしていない、別のSSIDがある場合があります。例えばホテルチェーンの、ルートインホテルズ浴場もあるし、朝飯もバイキング形式だし、pontaポイントもたまっちゃう。出張にはピッタリのホテルです。僕も愛用しています。

ですが、このホテル、無線LANが遅いんです。。。部屋に書いてある、「SSID:RouteInn-Free、パスワード:routeinn」では、全然見たいページにアクセスできません。ていうか無線LANマーク自体、付きませんけど・・・

routeinn1

じゃ、どうするか??ヒントは上の画像に出ています。

そう、なんか無料っぽいアクセスポイントがあるじゃないですか!「RouteInn-Free-WEP」って奴です。こちらにつなげると・・・早い!!快適です!!

ちなみにパスワードは「routeinn-wifi」です。全国共通みたいですね。フロントに「無線LAN遅くて使い物にならないんですけど・・・」と切れ気味に言ったら、教えてくれました(笑)

routeinn2

ルートインだけでなくこのようにクレーム対応用のアクセスポイントを用意しているホテルも多いみたいです。まずはフロントに切れ気味に電話してみると良いでしょう(笑

スポンサーリンク

場所を変えてみる

ホテルの部屋の中が遅ければ、フロントのある一階とか、ラウンジに行ってみましょう。ラウンジのような、もともと使用者が多いエリアでは、体感速度が全然違う、ということもあります。

※部屋の中でどうしてもつながらない時は、部屋を変えると良くなる場合があります。部屋のアクセスポイントが壊れている場合があるからです。ダメもとで、部屋につながってるフロントに言ってみましょう。申し訳なさそうに対応してくれますよ。

有線を使った簡易無線LANを使う

無線って、便利ではあるんですが、やはり通信自体の品質という意味では、まだまだ有線にはかないません。有線ならば大抵のホテルでは有りますから、無線がどうしても遅いのであれば、有線を使いましょう。

え?無線がいい?

そんなワガママな貴方には、良い物がありますよ!!

その名も「ちびファイ」。有線LANをつなげると、自分だけの無線LANアクセスポイントになる機械です。

自分だけのアクセスポイントですから、盗聴される恐れも少ないし、渋滞で遅くなったりすることはありません。有線ですから早い。これが一番の解決策でしょうね。

小さいから、カバンにも楽々入ります。そのうえ、安い。3000円で買えちゃいますからね!さらに、タブレット・スマホ・PCを一度この機器に登録しておけば、どこのホテル無線LANにいっても、ちびファイを無線LANに接続するための1回の設定だけでOK。いちいち設定する手間が省けます。(全ての機器がちびファイを介して接続できるからです)

高速モバイルインターネットサービスを使う

「もういい!ホテルの無線LANなんか使わない!」という方は、自分で契約して、高速モバイルインターネットサービスを使いましょう。

高速モバイルインターネットサービスには主な所で、WiMAXがあります。速い回線が使い放題なので快適です。ホテルだけじゃなく、仕事や普段使いにも良いでしょう。

よっぽどの地方でなければ、大体つながるはずです。無料で試せる「try Wimax」というサービスがあるので、使ってみてはいかがでしょうか?

関連記事:無料でWimax体験!Try Wimaxで15日間、東京都内~千葉県九十九里浜で使ってみた結果

今ならDMMレンタルで使うのが一番オススメです。6か月レンタルすれば、月2,000円くらいで使い放題になりますからね。DMMでレンタルしてWiMAX使った記事を下にまとめてます。

参考:最安2,228円でWimaxルータ使い放題!DMMいろいろレンタルを1か月使用した手順、感じたメリットと注意点をまとめたよ

ちなみに、WiMAXでは、繋がると言っているところでも繋がらないところがあります。注意です!

スポンサーリンク

この記事のシェアはこちら↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です