【人見知り必見】初対面の人とも楽しく会話するための手順をまとめたよ。

スポンサーリンク

以前お話したように、僕は大学時代、引きこもりだったのが一転、ブラックバイトを通して社交的になりました。

小学生向けブラック通信教育バイトから学んだ、楽しく人と会話するための秘訣

会社員時代に入ってからは、異業種交流会や怪しげなセミナー、パーティなど行きまくり人と会いまくって、怖い目にあったり、面白いこともしました。

【僕の黒歴史】会って一週間の経営者に、軟禁されて一晩中ガン詰めされた話。

隅田川の河川敷でホームレスのおじさんに聞いた、知られざるホームレスの真実と闇

と、いうことで今ではどんな年齢層の人でも、楽しく会話を出来るようになりました。自然に身に付いたスキルですが、改めて考えてみると、楽しく会話するために、決まった手順(ルーティン)があることに気付きました。

「こ、これは人の役に立つんじゃなかろうか・・・?」

そこで、今日は初対面の人でも楽しく会話できるようになる手順をまとめました。世の中の人見知り達の、気まづい時間が少しでも減りますように・・・

では、行きましょう!!

初対面の人と出会う所から、スタートしますよ!

こちらから元気よく挨拶をする

朝なら「おはようございます」、昼なら「こんにちは」、夜なら「こんばんは」、仕事なら「お疲れ様です」と挨拶しましょう。

おはようございます

元気よく、と書きましたが、相手がビックリするようなテンションは止めてください。なんで?って・・・だって、ちょっと考えて見てくださいよ。

初対面なのに、

「おはようございまぁぁぁぁす!!!」

と絶叫されたらどう思います?年配の方の中には、好感持つ人もいるかもしれませんが、9割方の人はこう思うでしょう。

「この人、何か変・・・?」

と。実際そんな若者もいました。もちろん付き合いはありません(笑)

こんな風に一度違和感を持たれてしまうと、心を開いたコミュニケーションは難しくなります。

挨拶は、聞こえるようにはっきりと、言えれば十分です。

しっかり言えれば、相手は返事を返してくれるでしょう。これでコミュニケーションが始まります。

返事してくれない人は・・・初回は「びっくりしたかな?」と思いますが、2回目以降も返事無い場合は、そういう人ってことです。とっとと仲良くなるのは諦めましょう。仲良くなる努力が無駄なので、気にしないで別の人と仲良くなる努力した方が賢明です。

「イエス」をもらえる話を振ってみる

挨拶をして返事を貰えたら、次の手順です。「イエス」を貰える話を振ってみましょう。難しいものじゃありません。相手から「そうですね」と答えてもらう話をするんです。

例えば

・冬だったら「やー、今日も寒いですね」 (相手:そうですね)

・初めて来る会場であれば「やー、初めて来たんですけど、ここ分かりづらい場所ですね」 (相手:そうですね)

・人がたくさんいる場所であれば「やー、人たくさんいますねー」(相手:そうですね)

相手からは「そうですね」だけでなく、さらに被せてくれるかもしれません。さっきの例「寒いですね」、であれば、相手:「そうですね、今日は今年最低気温みたいですよ」とか。それなら話は展開しますからOKです。

一方、「そうですね」だけでもOKです。大丈夫。貴方と相手との距離は縮まっていますから。貴方の振りを聞いた相手は、頭の中でこう考えます。「貴方の言ってる事(今日は寒い)はイエスか?ノーか? イエス。寒い。だから「そうですね」と言おう」と。

こうして、相手の頭の中では「貴方の言う事は正しい」というのが1回、刷り込まれます。結果、ノーと言われづらくなり、その後の会話を楽しく進められるようになる確率が高まります。面白い事に、イエスの回数が多いほど、否定的な態度はとりづらくなります。

この「イエスを重ねる」こと・・・営業の世界では有名なテクニックです。

皆さんも良く知ってる良い例があります。「笑っていいとも」で、タモさんはテレフォンショッキングの開始時、何をしてたか覚えてますか??

タモさん「今日は寒いですね~」

観客「そうですね!!」

そうですね、を毎回3回くらい、繰り返しやってましたよね。業界の中でも博識で有名なタモさんですから、意味無くやってたってことは無いでしょうねぇ(ニヤリ)

イエスを重ねる振りをして会話し、話しやすくなったら次のステップです。

答えやすい質問してみる

異業種交流会やイベントなら、「今日は初めていらっしゃったんですか?」「今日はどのあたりからいらっしゃったんですか?」「誰かに誘われたんですか?」など、答えやすい質問をしましょう。

あくまで、「答えやすい」ものでなければいけません。

「(男性に)年収いくらですか?」「(女性に)年齢は?」「今日参加した理由はぶっちゃけなんですか?」など、相手にプレッシャーを与えるような質問をしてしまうと、今までやってきた行為が全て無駄になってしまいます。気を付けましょう。

この質問をする理由は、「自分が相手に興味を持っていることを伝える」という重要な意味があります。ぶっちゃけ、人は自分が好きな生き物です。自分が大嫌い!という人いますが、実は「自分が大嫌いな自分」が大好きなだけです(笑

そんな自分に興味を持ってくれる人を、嫌いになるのはとても難しいんですよ。身近に最高の先生がいます。

犬です。犬は基本、人を見るだけで狂喜乱舞しますよね。僕も大好きです。

 

人に飼われている犬は、全国で約一千万頭いますが、本当にドライに見ると、犬は飼っているコストに対して、大した仕事はしてません。番犬なんて、普通いらないでしょ。それでも何故、餌代やおもちゃ、シャンプー・・・など払ってでも犬を飼うのか??一生涯、自分たちを大好きでいてくれてるからなんですよね。。。

と、いう事で、質問をして、自分が相手に興味を持っていることを伝えましょう。好印象を与えることが出来ます。

加えてもう一つ、この質問には重要な目的があります。

相手との共通点を探せ!

それは自分と相手との共通点を探す、ということです。

サルの群れとして行動していた大昔から、人間には「自分と同じものは好き!違うものは嫌い!」、という性質があります。共通点が見つかると、相手は自分に好意を持ちやすくなります。

その共通点が珍しいものであるほど、その効果も大きくなります。出来るだけ珍しい共通点を探しましょう。実際、凄い共通点が見つかってしまえば、一辺に仲良くなっちゃうなんてことも沢山あります。

「出身地」「趣味」「生まれた年代」「仕事」「性癖(笑」「大学」「読んだ本」・・・切り口は沢山あります。

ただ、質問魔にはならないように。「何だこの人質問ばっかりしてくる・・・」となってしまいますからね。

まとめ

1.挨拶をする

2.相手から「イエス」を繰り返し貰う

3.答えやすい質問をして、共通点を探す

ここまで順当に出来れば、貴方は相手から好意的な印象を持ってもらい、貴方は相手の情報や共通点も知っています。そこから膨らませて、いくらでも楽しく話が出来るはずです。

最後に、全ての手順において、成功確率を上げる秘訣を書いておきます。

笑顔を投げかける

仏頂面でやるとかなり成功率が落ちます。自然な笑顔でいることで成功確率が上がります。

「自然な笑顔・・・って人見知りにはキツイんだけど」

という方は、一度、自分の本心を話してみてください。

「やー、今日は寒いですね。サボろうかと思っちゃいましたよ」みたいに。

自然に笑顔になりますから。自分が笑顔だと、相手も笑顔になってきます。自分の本心を面白おかしく話せるようになると、相手も自分も楽しくなり、ハッピーです。

何かの気付きになれば、幸いです。

↓人と付き合うためのノウハウ集!↓

 

スポンサーリンク

この記事のシェアはこちら↓